ライフハック

僕が全ての人を許せるようになった、たった1つの出来事

昨日の話。

朝、通勤電車に乗っていると、途中の駅で降りる人がいた。

正確に言うと、降りる人がいた「らしい」。

というのも、僕はその人に気づかかなかった。

その人が降りたがっていることもわからなかった。

 

なので、避けることができなかった。

 

その人にとって、僕は邪魔者だったらしい。

僕のことをカバンで無理やり押しのけて、電車から降りた。

その人は、僕を睨むようにして降りていった。

その目は、怒りで満ちていた。

 

 

僕は少しイラっとした。

だって、「降ります」と言ってくれれば気づいたものの、何も言わずただカバンで押しのけてきたから。

気付きようがない。

 

スポンサーリンク

どういう対処をしたか

一瞬、イラっとした僕。

この世は不条理で溢れている。

そんな嘆きも出てきそうだった。

 

でも5秒後には、その人を「許す」ことにした。

 

確かに、ちょっとイラっとした。

でも、その人は朝に何か嫌なことがあったのかもしれない。

週明けで、割と電車内も混んでいたから、それが嫌だったのかもしれない。

その人はその人なりに思うところがあって睨んだんだろうし、それを僕は知ることができない。

知ることができないから、これ以上何も考えないことにした。

 

一日中、その人に対してイライラすることもできる。

でも、それは僕にとって何も有益なことをもたらさない。

もう過ぎたことは気にしない。

僕が重要なのは「今」だから。

 

なので、許すことにした。

 

スポンサーリンク

今までの僕は

競争で勝つことが全てだと思っていた。

 

競争が激しい部活動をずっとやっていたからかもしれない。

部員が150人いるサッカー部で11人に選ばれなきゃいけない。

全国大会に行くには、他校から少しでも優れていなきゃいけない。

 

もしかしたら、家が裕福じゃなかったからかもしれない。

自分が裕福になるには、人よりいい大学・いい会社に入って、自分がどれだけ凄いかを見せつけなきゃいけない。

 

そう思っていた。

 

だから、友達以外は全部ライバルだった

その人から一歩でも二歩でも先を行かなければならなかった。

僕の心は常に緊張した「競争」の中にいた。

 

スポンサーリンク

なぜ許せるようになったか

でも今は。

僕は、全ての人が僕の仲間だと思えるようになった。

僕は、全ての人を許せるようになった。

 

子供が生まれた

その理由は、子供ができたこと

このたった1つの出来事。

 

子供が生まれて、初めて、自分より大切だと思える存在ができた。

自分が競争に勝つことが全てだと思っていた。

でもそれは、もうどうでもよくなった

 

急に、昇進や昇格に興味がなくなった

全ての僕の選択は、家族にとって有益かどうか。

だから、仕事の量を減らした。

残業はできるだけ0にした。

転職して、できる限り在宅勤務できる環境にした。

いつも家にいることができるように、今は独立の準備をしている。

 

そんな変わった僕を、良く思わない人もいた

 

前の会社の上司は「家庭に逃げている」と言った。

「急にマイホームパパになって、なんで会社で頑張らない」と言われた。

飲み会に行かなくなった僕を「付き合いの悪い奴」と言った。

 

でも僕は、そんな声はどうでもよかった。

今までは、仕事で上を目指すのが全てだった。

でも子供が生まれてから。

仕事は人生の一部だと思うようになった。

 

全ての人に親がいる

それぐらい、僕の価値観をガラリと変えた出来事。

子供が生まれたこと。

 

そしてふと思った。

「全ての人は、両親から生まれた」

 

すごく当たり前のこと。

でも、それを改めて実感した時。

 

全ての人を許せるようになった

 

昨日、僕を睨んだ人にも、すごく愛する子供がいるかもしれない。

そう思うと、僕を睨むぐらい、どうでも良いことのように思えた。

僕を睨んだ分、子供に対して笑顔を見せてくれたら。

 

それだけで良いと思った。

 

もし子供がいなくても、親はいる。

その人も、両親からたっぷりの愛情をもらって育ったはず。

その両親を思うと、僕を睨むぐらい、どうでも良いことのように思えた。

僕を睨んだ分、両親に対して電話の1本でもしてくれたら。

 

それだけで良いと思った。

 

スポンサーリンク

幸せは無限

東京に来てから、僕は競争が全てだと勘違いしていた。

仕事で頑張って、昇進して、会社で一握りの人になる。

幸せは有限で、それをどれだけ他人から奪うか。

それが東京で幸せに生きる術だと、勘違いしていた。

 

でも、そうじゃなかった。

 

幸せは、いつもそこにあった

 

家族と一緒にご飯を食べるだけで、幸せを感じられる。

仕事から帰って笑顔で迎えてくれる子供を見ただけで、幸せを感じられる。

 

幸せって、奪い合うものじゃない。

そこにいつもあった。

ずーっと僕が気づくのを待ってた。

 

 

だから僕は、全ての人を許す。

どんなに世の中が理不尽でも、不条理で溢れていても。

 

許す。

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!