ライフハック

一眼レフカメラをレンタルするメリットは?どんな時にレンタルがお得かまとめました!

一度は使ってみたいと思う、一眼レフカメラ。

でも、ちょっとお高いですよね。

スマホがあれば気軽に写真を撮れるし、わざわざ高いお金を払って一眼レフを買う勇気がない。。

 

そんなあなたに朗報です。

一眼レフカメラ、実はレンタルできるって知っていましたか?

レンタカーみたいに、実は一眼レフカメラも気軽にレンタルできるのです。

今日は、そんな一眼レフカメラのメリットデメリットをまとめてみたいと思います。

最後には、実際にオススメのレンタルできる会社を紹介しますので、「もうレンタルするって決めてる!」ということだったら、そちらを先に読んでみてください!

 

一眼レフカメラをレンタルするメリット・デメリット

まずは、レンタルすることのメリットとデメリットをまとめます。

一眼レフカメラをレンタルするメリット

私が思うメリットは、これだけあります。

1.購入するより安い

2.様々な機材を試すことができる

3.年に1度のイベントの時に使う機材を、気軽に使える

4.家にモノが増えない

 

1.購入するより安い

これは、当たり前のことです。

でも、一番のメリットですね。

なかなか買う踏ん切りがつかない!でも使ってみたい!

そんなあなたには、レンタルで使ってみることをオススメします。

 

2.様々な機材を試すことができる

一眼レフカメラにのめり込んでしまうと、「あれもこれも」と、かなり色んなものが欲しくなってきます。

実際に私も、カメラ1台、レンズ1本で始めたはずの一眼レフカメラでしたが、最も多い時でカメラ2台、レンズ7本所有していました。

今は厳選して、カメラ1台とレンズ4本に落ち着きましたが、それぐらい一眼レフカメラには魔力があります。

で、のめり込んだ人は、価格.comのレビューとかを見て、すごくワクワクする気持ちを抑えられなくなるんですね。

(私の体験談。。。)

でも、実際に手にしてみると、なんかちょっと違う、、、って思うことも多々あります。

それは、人それぞれによって使い方が違うから。

例えば、自然を撮るのに最高のレンズがあったとして、でもあなたは子供を撮ることが目的でカメラを持っている。

自然を撮るのに最高のレンズが、子供を撮るために最高のレンズだとは限らないので、そこで「レビューと違うな・・・」ってことになるんですね。

ってことで、やっぱり実際に手にして試してみないとわからないのです。

そんな時には、レンタルで気軽に試す、というのがいいですね。

 

3.年に1度のイベントの時に使う機材を、気軽に使える

例えば、運動会とか。

運動会では、遠くから撮影する必要があるので、望遠レンズが必要になります。

でも、良い望遠レンズって、すごく高いんですよね。。

最低でも10万円。。

そんなレンズ、年に1度の運動会のために購入できないですよね。

そんな時に、レンタルです。

レンタルなら、高価なレンズでも気軽に使うことができます。

 

4.家にモノが増えない

私は、ちょっとミニマリストの傾向があります。

なので、本当に必要なモノだけをできるだけ所有するようにしています。

たまに必要なモノ、必要じゃないけど欲しいモノ。

これはできるだけレンタルとか、所有する以外の選択肢を取るようにしています。

そういった意味では、色んなレンズを購入しないというのは、重要なことになります。

 

一眼レフカメラをレンタルするデメリット

逆にレンタルすることで生じるデメリットはあるでしょうか?

私は3つぐらいあると思います。

1.安いが、割高ではある

2.慣れないうちに返す必要がある

3.壊さないか、ちょっとヒヤヒヤする

 

1.安いが、割高ではある

レンタルは安いといっても、やっぱり割高です。

頻繁にレンタルするぐらいなら、購入してしまった方が安い。

私の感覚だと、10回レンタルすると、購入価格に達するんじゃないかと感じます。

(もちろん、レンタルの期間によって値段は変わりますが。)

いろんな機種を使用できるのは良い点ですが、お気に入りの機種を見つけて、たくさんの思い出を作っていくことも楽しいです。

 

2.慣れないうちに返す必要がある

一眼レフカメラとかレンズって、慣れるまでに多少の時間が必要です。

ちゃんと使いこなせるようになるには、それこそ1ヶ月毎日写真を撮ってみる、ってことが必要だと思います。

だから、レンタルだと慣れないうちに返却してしまうことになります。

運動会のためにレンタルしてみたけど、結局使い方がわからなくて良い写真をほとんど撮れなかった・・・

と、知り合いのパパが言っているのを聞いたことがあります。

そうなると、ちょっとレンタルした意味って何・・・ってことになりますよね。

 

3.壊さないか、ちょっとヒヤヒヤする

カメラに限らずレンタルする物は、壊さないか多少の不安がありますよね。

レンタカーで、サイドミラーを大破させた友人を、私は知っています。

一眼レフカメラも、レンタルする時には安心して使えるように保障をつけておくのが良いですね。

 

どんな時にレンタルするのが良いの?

じゃあ、どんな時にレンタルするのが良いか、考えてみました。

2つのパターンがありそうです。

1.運動会とか、年に一度しかない行事の時

2.めちゃめちゃ高価な機材をどうしても試したい時

 

1.運動会とか、年に一度しかない行事の時

運動会の時に一眼レフカメラをレンタルして、全然良い写真を取ることができなかったパパを紹介しました。

でもそれは、カメラを一式レンタルしたんですね。

だから、使い方が全くわからなかった。

でも、普段から一眼レフカメラを持っていて、でも運動会で必要な望遠レンズは持っていない。

そんな時はレンタルする価値があります。

レンズの使い方がわからない、ってあんまり無いので。

 

七五三とかの、一生のうち1度しかない行事の時もいいですよね。

いい写真を子供に残してあげるのも、すごくいいかと思います。

 

2.めちゃめちゃ高価な機材をどうしても試したい時

一眼レフカメラを持っていない人は想像できないと思いますが、世の中には100万円を超えるレンズとかあるんですよね。

もちろん、普通の人は手を出せないです。

完全にプロの人向けです。

でも、そんなレンズをどうしても使いたいとき!

もう、使いたい衝動が抑えられない時!

レンタルしましょう。

 

一眼レフカメラはどこでレンタルするのが良い?

これは、以下の観点で選んでみました。

レンズの種類の豊富さ

補償制度があるか

料金の安さ

これらの観点でみると、3社ぐらいしかないかなーと思います。

その3社とは、これ。

ビデオエイペックス

レンタルカメラショップ

レンティオ

 

ビデオエイペックス

総合的には、一番かな、と思います。

価格も安いですし、何より種類が豊富。

ここでレンタルしておけば問題ないかと思います。

https://www.v-apex.co.jp/rental/

 

レンタルカメラショップ

ここは、全てに補償が付いているのが良いですね。

安心して使えます。

でも、機材の種類が少ないのが難点。。

http://www.rentalcamera.co.jp/

 

レンティオ

こちらは、補償がすごく手厚い。

自然故障に関しては無料。

で、落下とかしても上限は2000円です。

しかもユニークなのが、「気に入ったら購入できる」サービスがあるということ。

一度試してみて、良かったらお得に購入できますね。

https://www.rentio.jp/

 

実はもっとお得にレンタル(?)できる方法

実は、もっとお得に一眼レフカメラを手にすることができます。

それは、中古で買って中古で売る、ということ。

例えば、ヤフオクで中古の一眼レフカメラを買います。

で、1年後にヤフオクで売る。

中古の一眼レフカメラって、相場が動きにくいんです。

なので、1年後に売るとしても、購入した時と同じぐらいの価格で売れることが期待できます。

ということは、ヤフオクの手数料を支払っただけで1年レンタルしたことになります

これはなかなか高度なテクニックなので、また別記事で詳しく書きますね。

 

まとめ

レンタルすにも、メリットとデメリットがあります。

なので、あなたの状況に合わせてお得にレンタルしましょう!

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!
禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓