羽生結弦関連記事

羽生結弦1位で大谷翔平が2位!羽生世代のメンバーがすごい

スポンサーリンク

本日4月26日、羽生結弦選手がまた栄冠を掴みました。

それは「2018年アスリート報道量ランキング」というランキングで1位に輝いたのです。

僅差の2位には大リーグで二刀流を続ける大谷翔平選手がランクイン。

平成最後の注目アスリートは、やっぱり羽生結弦選手でした。

今回の記事では、この2018年アスリート報道量ランキングの詳細を。

そして、羽生結弦選手と大谷翔平選手の関係を紐解いてみました。

 

2018年アスリート報道量ランキングで羽生結弦が1位に!

 

メディアの調査・分析を行う二ホンモニター株式会社が「2018年アスリート報道量ランキング」を発表。1位はフィギュアスケートで五輪連覇した羽生結弦、2位の米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平を僅差で上回った。

調査期間は昨年の1月1日~12月31日まで。NHK総合と民放5局の東京地区地上波オンエア分が対象となる。

186時間26分で堂々の1位に輝いたのが羽生だ。2月に平昌五輪で優勝。7月には国民栄誉賞も受賞するなど、まさに2018年のアスリート界の顔に。衝撃の二刀流デビューを果たした大谷に約9時間の差をつけてトップとなった。

引用:Yahooニュース

 

2018年の1月1日〜12月31日までということで、平昌オリンピックと国民栄誉賞のインパクトがかなりあったということですね。

3位以下には、大坂なおみ(3位)、宇野昌磨(4位)小平奈緒(5位)高木美帆(6位)と、やはり平昌オリンピックで沸かせたメンバーの報道量が多かったことがわかります。

 

スポンサーリンク

羽生結弦と大谷翔平が初対面!大谷翔平が語ったことは?

実は、羽生結弦選手と大谷翔平選手は同級生だって知っていましたか?

なんなら、高木美帆選手も、同級生です。

そんな羽生結弦選手と大谷翔平選手は「第50回テレビ朝日ビッグスポーツ」の表彰式で共演しました。

その映像がこちらです。


この時、大谷翔平選手は「僕は『羽生世代』だと思っています。負けないように頑張りたい」と壇上で語りました。

大谷翔平選手は羽生結弦選手に比べて、身長は22センチ大きく、体重は約50キロも多い。

それでも壇上で羽生と向かい合った大谷は恐縮していたそうです。

 

それだけ、羽生結弦選手の世界で活躍する姿が、同じアスリートとしては尊敬の対象だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

かなりすごい!羽生世代一覧

羽生結弦選手の同級生は、大谷翔平選手だけではありません。

こんなにも素晴らしいアスリートが誕生しています。

 

  • 高木 美帆(スピードスケート)
  • 桃田 賢斗(バドミントン)
  • 萩野 公介(競泳)
  • 瀬戸 大也(競泳)
  • 藤浪 晋太郎(野球)
  • 南野 拓実(サッカー)

 

そうそうたるメンバーですね。

日本のスポーツ界を引っ張っていくメンバーばかりです。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

このアスリート報道量ランキングの結果発表に対するネットの反応です。

 

 

 


 

羽生結弦選手のファンがかなり盛り上がっていましたね!

 

まとめ

2018年のアスリート報道量ランキングで、羽生結弦選手が1位に輝きました。

大谷翔平選手が2位。

この2人は、なんと同級生でした。

そして、羽生世代と呼ばれるこの同級生には、そうそうたるアスリートがいますね。

これからの日本のスポーツ界、そして東京オリンピックが楽しみです!

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!