エンタメ

祝島のフェリーや宿泊は?岩田コーヒーやこいわい食堂で島の魅力を堪能

スポンサーリンク

2019年6月17日にNHKで放送の「鶴瓶の家族に乾杯」で、鶴瓶が又吉と祝島に行きます。

恥ずかしながら、この放送まで祝島というところを知りませんでした・・・。

そのため、今回の記事では観光で祝島に行く場合のフェリー情報や宿泊施設を調査するとともに、現地で行ってみたいコーヒー店や食堂も調べました。

 

 

祝島とは?何県のどの辺にあるの?

まずは、祝島の基本情報を。

祝島は、瀬戸内海の西の端、山口県の南東に位置します。

 

 

「瀬戸内海に浮かぶハートの形の島」として有名で、約200世帯、370人が暮らしています。


航空写真を見ると、本当にハートの形をしていますね!

一年を通して温暖な気候で、ビワやミカンが有名とのこと。

 

スポンサーリンク

祝島に行くにはフェリーで

このハートの島に行くには、フェリーでしか行けないようです。

フェリーは山口県にある柳井港から出航しており、1日3便が運行しています。

1日3便であれば、計画を立てやすいですね!

柳井港から祝島までは、室津・上関等を経由しながら1時間10分。

 


祝島の島内は道路が狭いため、徒歩や自転車が主な交通手段になるとのことです。

定期船乗り場のすぐ近く(山側に向かって徒歩10秒程度)に、祝島自治会が運営する「チャリンコハウス」(貸自転車)があります。1台1回300円で利用可能です。

 

スポンサーリンク

祝島の宿泊は民宿

祝島に観光に行った場合の宿泊は、民宿です。

ホテルはなさそう。

2019年6月現在、現在も経営中の民宿は、2つです。

()内は、連絡先電話番号です。

 

  1. みさき旅館(0820‐66‐2001)
  2. 民宿くにひろ(090-1332-4897)

 

民宿くにひろさんは、ホームページがあって、空き状況も確認できます。

一応確認してみたら、土日は満室になることも多いみたいで、早めの予約をお勧めします

 


 

 

スポンサーリンク

祝島で行きたいコーヒー店と食堂

祝島で有名なコーヒー店があります。

その名も、「岩田珈琲店」です。

メニューはこちら。

 



手書きのメニューがかなりいい味を出していますね!

祝島に行ったら、ぜひとも行ってみたい珈琲店です。

 

この岩田珈琲店さん、かつては札幌市内で20年以上経営を営んでいたみたいです。

しかし、2012年に祝島への移住を決意。

そして2014年に古民家を改装して新店舗をオープンしたとのことです。

行った時には、この移住を決意した時の話なんかを聞くと、盛り上がりそうです!

 

そして、祝島には有名な「こいわい食堂」という食堂がありました。

しかし残念なことに、2017年に閉店してしまっています。

食べログを見ると、地元の食材を使ってかなり美味しそうな料理を提供していたようで、閉店したのが悔やまれます。


 

祝島に行ったことのある人の声

実際に、祝島に行ったことのある人の声を探してみました!

 


かなり自然の魅力が詰まっていそうな島ですね!

 

まとめ

ハートの形をしている島として有名な、山口県にある祝島。

とくに観光地化もしていないらしく、自然豊かな魅力を堪能できそうです。

私の行ってみたい地域の一つにストックしておきました!

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!