最新トレンド情報

仁徳天皇陵古墳群が世界遺産!がっかり名所の読み方アクセス大きさ!見学には展望台がいい?

スポンサーリンク

本日5月14日、嬉しいニュースが飛び込んできました!

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が、仁徳天皇陵古墳群を含む「百舌鳥・古市古墳群」を、世界遺産に登録すべきだと勧告したとのことです。

本当に世界遺産に登録されるとなると、日本では2013年の富士山の世界遺産登録以来7年連続の世界遺産登録です。

 

今回の記事では、そんな仁徳天皇陵古墳群について。

がっかり名所とも言われる仁徳天皇陵古墳群とは?

そして、読み方やアクセス、その大きさなどは?

実は見学するには、展望台がある?

そんな情報をお伝えします。

 

先日は、世界遺産の一部であるノートルダム大聖堂が火災になり、ノートルダム大聖堂の世界遺産登録抹消か!?という噂がありましたが、日本では続々と世界遺産登録がされていますね。

 

仁徳天皇陵古墳群が世界遺産に登録勧告

 

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は13日、日本最大の前方後円墳仁徳天皇陵古墳」(大山古墳、堺市)を含む大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。

全49基の古墳が対象。文化庁が14日未明、発表した。

6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通しで、天皇や皇族が葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めて。令和に入り最初の世界遺産となる。

登録されれば日本の世界遺産は文化19、自然4の計23件となる。文化遺産の登録は、2013年の「富士山」以降7年連続。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000003-kyodonews-cul

 

令和になって、早速嬉しいニュースですね!

令和になった5月1日、天皇についての報道がたくさんなされていましたが、今回の世界遺産も天皇に関してですね。

今回の百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されれば、2013年の富士山以降では7年連続になります。

 

2013年:富士山-信仰の対象と芸術の源泉(山梨県、静岡県)

2014年:富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

2015年:明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、山口県、岩手県、静岡県)

2016年:ル・コルビュジエの建築作品-近代建築への顕著な貢献-(国立西洋美術館=東京都)

2017年:「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)

2018年:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎県、熊本県)

2019年:百舌鳥・古市古墳群(大阪府)

 

 

スポンサーリンク

仁徳天皇陵古墳群はがっかり名所?

仁徳天皇陵古墳は、「がっかり」な観光名所、スポットと言われます。

高知のはりまや橋、札幌時計台に次ぐ?がっかりスポットらしい。

なぜ仁徳天皇陵古墳は「がっかり」な観光名所と言われるんでしょうか?
その理由は、デカ過ぎて何も見えないから!!

 

上から見れば、その特徴である前方後円墳の感じがわかりますが、地上では全くその面影がわかりません。。

仁徳天皇陵古墳は宮内庁に厳重管理されているので、基本的には中に入ることは出来ませんので仁徳天皇陵古墳の周辺を歩くだけ。

正面の門に行っても「ふーん、これが教科書に載ってるやつかー」って思って帰るだけなんです。

 

そして仁徳天皇陵古墳の周辺は普通の住宅街です。

「観光地」としては、特に何の魅力もないのが、素直な感想ですね。。

 

だから、仁徳天皇陵は「がっかり」観光名所と言われているみたいです・・・。

 

 

スポンサーリンク

仁徳天皇陵古墳群の読み方は?大きさは?

ちなみに、私も今回の世界遺産登録の勧告で仁徳天皇陵古墳群について、それだけすごい歴史的な名所なんだと初めて知りました。

恥ずかしながら。。

ということなので、読み方や大きさなど、基本的な情報を調べてみました。

 

仁徳天皇陵古墳:

読み方は「にんとくてんのうりょうこふん」です。

クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓、5世紀中ごろ築造とされ全長約486mの日本最大の前方後円墳。百舌鳥耳原三陵の一つで、墳丘は3段に築成され三重の濠がめぐり10基以上の陪塚があります。

エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓の一つといわれ、上空から見ると円と四角を合体させた前方後円墳という日本独自の形で、5世紀中ごろに約20年をかけて築造されたと推定されています。日本最大の前方後円墳で北側の反正天皇陵古墳(田出井山古墳)、南側の履中天皇陵古墳(石津ヶ丘古墳)とともに百舌鳥耳原三陵と呼ばれ、現在はその中陵・仁徳天皇陵として宮内庁が管理しています。前方部を南に向けた墳丘全長約486m後円部径約249m高さ約34.8m前方部幅約307m高さ約33.9mの規模で3段に築成されています。左右のくびれ部に造出しがあり、三重の濠がめぐっていますが、現在の外濠は明治時代に掘り直されたものです。葺石と埴輪があり埴輪には人物(女子頭部)や水鳥、馬、鹿、家などが出土しています。
昭和30年代と最近の調査で造出しから須恵器の甕が出土し、古墳が造られた年代を知る資料として話題になっています。明治5年(1872年)には、前方部で竪穴式石室に収めた長持形石棺が露出し、刀剣・甲冑・ガラス製の壺と皿が出土しました。出土品は再び埋め戻されたといわれていますが、詳細な絵図の記録があり、甲冑は金銅製の立派なものだったようです。
日本最大の前方後円墳にふさわしく、周囲に陪塚と考えられる古墳が10基以上あります。仁徳天皇陵とされていますが、日本書紀などに伝えられる仁徳・履中の在位順とは逆に、履中天皇陵古墳よりも後で築造されたことがわかっています。

引用:堺市観光ガイド

 

全長約486m後円部径約249m高さ約34.8m前方部幅約307m高さ約33.9mって、大きすぎですよね!!

そりゃ、地上目線じゃ何も分からないです。。

というか、天皇1人に対するお墓がこれだけの規模って。。

それだけ、天皇の存在ってすごいんだ、と改めて思い知らされます。

 

 

スポンサーリンク

仁徳天皇陵古墳群のアクセスや駐車場情報

気になるのが、仁徳天皇陵古墳へのアクセス。

大阪の、かなり都市部にありますね。

 

 

仁徳天皇陵(大仙古墳)は、大阪府の堺市にあります。

天王寺からJR阪和線「三国ヶ丘駅」のすぐ真横、徒歩5分なんです。

天王寺駅から約15分程度で行くことができます。

 

 

大阪観光で、1時間ぐらい時間ができたら行ってもいいかな、って感じですね。

 

 

仁徳天皇陵古墳群の見学には展望台がある?

仁徳天皇陵古墳を観光に直接行こうとすると、前述の通り「がっかり」スポットなので、それほど感動せずに帰ってくることになります。

しかし、実は仁徳天皇陵古墳を見学するのに最適な場所があるのです!

 

それが堺市役所の展望台

 

堺市役所は、地上21階建ての建物で、その21階部分に展望台があるのです。

しかも無料で、休日も空いています!

残念ながら写真でよく見るような前方後円墳の形までは見ることができなそうですが、周囲に点在する百舌鳥古墳群を実感でき、他の古墳に比べて、仁徳天皇陵が抜きん出て大きいことがわかります。

ボランティアガイドさんもいて、百舌鳥古墳群についての解説もしてくれるとのこと!

 

 

展望台からだと、このように見えるようです。

 

 

ネットの反応は?

仁徳天皇陵古墳群の世界遺産登録勧告に、ネットの反応はどうだったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 


世界遺産登録の喜びの声が多いですね。

一方で、観光地としてはどうなのか?という声もあります。

 

 

まとめ

仁徳天皇陵古墳群を含む「百舌鳥・古市古墳群」を、世界遺産に登録すべきだと勧告しました。

正式には、6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で決まる予定です。

大きすぎて、観光地としては「がっかり」するようですが、堺市役所の展望台に行けば、ある程度の大きさがわかりますので、ぜひ行ってみてください!

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!