マイルで旅行

ANAマイルをヤフオクで買ってみた。50,000マイルが詐欺なのかを検証!

ヤフオクで出品されているANAのマイル。

あなたは購入したことありますか?

よくよく考えるとANAマイルが出品されているって不思議です。

というのも、ANAのホームページにはこう書かれてあるからです。

 

マイルを譲渡することはできますか。

積算されたマイルを会員間で共有、合算および譲渡することはできません。

ただし、ANAカードファミリーマイルは、そのプログラムの特典として、特典利用時に限り、登録している家族間で積算マイルを合算することができます(日本国外在住の方には、ANAマイレージクラブ ファミリーアカウントサービスをご用意しています)。

また、会員が死亡した場合、法定相続人は会員が取得していたマイルを相続することができます。

詳細はANAマイレージクラブ会員規約をご確認ください

 

つまり、家族じゃなきゃマイルは共有できないはず。

 

じゃあヤフオクに出品されているマイルって詐欺なの!?と思いますよね。

でも、結論はそんなことないです。

ヤフオクでマイルを購入したら、落札者のマイル口座にしっかりと反映されます。

今日は、実際にマイルを購入してみたので、その様子をレポートしてみます!

 

スポンサーリンク

35,000マイルが足りない!!!

年末にバリに行く予定ができたんです。

家族4人で。

で、当然マイルで行こうとしました。

バリまでは一人当たり往復35,000マイル。

ですが、その時の手持ちマイルは107,000マイル。

つまり、一人分のマイルである35,000マイルが足りない・・・。

下の子が今年2歳になったので、今まで3人分のマイルで良かったのが4人分必要になります。

 

航空券は10万円以上

じゃあ一人分だけ航空券を購入しようか?

ということで調べてみました。

 

 

うーん、どれも10万円以上。

必要マイルは35,000マイルなので、1マイルあたり3円ぐらいの価値になります。

ということは。

マイルを3円以下で買えることができれば、マイルを購入した方がお得になる!

という、単純な理由でマイル購入を検討しました。

 

ヤフオクでANAマイルを調べてみる

前から、ヤフオクでANAのマイルが出品されていることは知っていました。

検索すると、ズラーーーっと出品されています。

出品されているのはわかりました。

でも、重要なのが「本当に購入したマイルは反映されるのか」ですよね。

 

僕も悩みました。

詐欺だったらどうしよう。。

詐欺だったら、結局航空券を買った方が安いし。。

 

でも、背に腹は代えられません。

もし詐欺だったとしたら、人生の勉強代と考えよう。

そう思って、購入しました。

 

私が(勝手に)参考にさせていただいているサイトでも、ヤフオクで購入したマイルは詐欺ではないとお話しされていたので、そこで勇気をもらいました!

 

[blogcard url=”http://kowagari.hateblo.jp/entry/yahoo_auction_mileage”]

 

1マイル2.1円という破格の出品

私が実際に購入した商品はこちら。


5万マイルの商品です。

最低限の3万5千マイルだけ購入できないか質問しましたが、最低が5万マイルとのことでした。

で、注目すべきはその価格。


なんと10万5千円!!

つまり、1マイルあたり2.1円です!!

航空券を購入するのが10万円以上かかります。

一方で、バリに行くのに必要なマイルは3万5千マイル。

つまり、同じ10万円でも、こちらは1万5千マイルのお釣りがきます。

 

1万5千マイルは、東京ー千歳往復できますね。

しつこいですが、同じ値段でバリ往復+北海道往復できます。

 

ということで、即購入しました。

ちなみに、落札後にどういった情報を提供すれば良いかというと、この通り。

1.10桁のANAマイル口座番号

2.英字の名前(名/苗字の順)

3.必要マイル数

この3つを提供すれば良いとのこと。

 

落札後、マイルに反映されるのを待つ

落札後、必要となる3つの情報を知らせると、この通りお返事がきました。

ここまでは順調です!!

あとは首を長〜くして待つだけです。


 

そして待つこと3日。

ちゃんと反映されてました!!

そして上の「-38,000」の4つは、バリの往復航空券4人分ですね。

(日程的に良い便がなく、復路はジャカルタで乗り換えることにしたので、ちょっと割高になりました・・・)

これで、ちゃんと4人で年末にバリに行けます!!

 

スポンサーリンク

誰がどうやってマイルを販売しているのか?

で、不思議なのは「誰がどうやってマイルを販売しているのか」ということです。

振り込まれたマイルの履歴を見て、ちょっとだけ分かりました。

というのも、5万マイルは「AMEX-USA」から振り込まれていました。

ということは、こういうことですね。

 

自分のクレジットカードのポイントを、他の人のマイル口座に振り込んでいる

 

ANAでは、マイルの譲渡はできませんでした。

でも、クレジットカードのポイントなら他の人にマイルとして振り込むことが可能、ということですね。

 

例えば、クレジットカードのポイントに有効期限があるとして、それを使えないからマイルとして販売する。

そんなことが考えられます。

クレジットカードのポイントは1ポイント=1マイルがだいたい相場です。

そして現金化すると、1ポイント=1円であることがほとんどです。

ということは、そのままポイントを現金化するよりも、他の人にマイルとして買ってもらった方が、多くのお金になるということですからね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ヤフオクで販売されているANAマイルは、詐欺ではなさそうです。

そして、販売者はマイルを譲渡しているのではなく、クレジットカードのポイントを他の人のマイルとして移行しているみたいです。

航空券をそのまま購入するのではなく、一度マイルを購入してから航空券にした方が割安ですので、ぜひ一度検討してみては?

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!