ライフハック

パパスイッチ入っていますか?父親としての自覚をオンにする!

スポンサーリンク

奥さんの子育ての悩みといえば、夫が何もしないだと思います。

平日は残業で遅く帰り、休日になれば、疲れたと言ってゴロゴロするばかり。

ご飯の時になれば、「まだー?」と、まるで大きな長男を養っている状態。

これでは奥さんのイライラが募るのもしょうがないです。

でも父親目線からすると、この状況もわからなくないです。

(全国のお母さん方から批判を受けそうですが。。笑)

 

私の家では、パパとママが交代交代で晩御飯を作るようにしていますし、ご飯を作らなかった方が片付けをする、ということにしています。

また、奥さんが土日も仕事の時は、子供2人を僕が1人で面倒見ます。

でも、そんな話を会社の同僚にすると、すごーーーーく驚かれます。

 

じゃあ、なぜパパは家事や育児をしなくなってしまうのか、今日はそんなことを考えてみます。

パパスイッチが入っているか?

パパスイッチって知ってますか?

父親がいつ、父親としての自覚をしたか、ということです。

実は、家庭を顧みない父親は、パパスイッチが入っていない可能性があります

 

岐阜県では、母子手帳ならぬ、父子手帳なんていうのもあるんですね。

素晴らしい取り組み!

「パパスイッチ」の画像検索結果

 

スイッチなんて、そんなの子供が生まれた瞬間に入るだろ!!

母親だったらそうだと思います。

 

でも考えてみてください。

 

母親であれば、10ヶ月もの間、お腹の中で日々成長を感じます。

胎動を感じ、まだ産まれていなくても、日に日にその愛情が募っていきます。

 

でも、父親は何も変わらないのです。

奥さんのお腹が大きくなっていくのを見るばかりで、自分に何かが起こったという事はないのです。

 

だから、いざ子供が生まれたとしても、父親としてこの子を守る!

という準備を出来ていないことが多い。

なので、給料を多くする事が自分の役割であると勘違いし、やたら仕事人間になってしまったりする。

すると、家事もしない夫を見て、奥さんは辟易してしまう。

そんな負の連鎖が出て来てしまいますね。

 

何をしていいのかわからないだけ

家事をしない、育児をしない。

それは、パパが嫌だと思ってしていないということではありません。

「何をしていいのかわからない」「する理由がわからない」

というのが、本当のところだと思います。

 

家事をしたとしても、おぼつかないので時間もかかるし、ママよりも上手にできない。

だから、ママに任せたほうがいいでしょ。

育児にしても、ママの方がテキパキ何でもやってしまう。

じゃあパパがやらない方がいいんじゃない?って思ってしまう。

 

そしてたまに手伝おうとすると、ママに怒られて、さらにやる気をなくす。。

そんな悪い連鎖になってしまっていませんか?

 

じゃあ自分ができることは、仕事を頑張ってお金を稼ぐしかない!

なんていう考えになってしまいますね。

 

繰り返しになりますが、その状態は

パパスイッチが入っていない可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

どうすればパパスイッチが入るの?

では、どうすればパパスイッチが入るのか?

それは人それぞれだと思います。

 

僕は立ち会い出産をした時にスイッチが入りました。

 

一日中、奥さんが苦しむのを見て、でも何も出来なくて。

そして、何も出来ないまま、子供が産まれました。

 

その時に、本当に心の底から、ありがとうって思ったんです。

 

苦しみに耐えた奥さんに。

そして、そんな苦しい思いをしてでも産みたいと思わせてくれた子供に。

 

だから、この2人にとってのスーパーマンになろう、って決めたんです。

これが私のパパスイッチでした。

それは、次女が産まれた時にも同じように思いました。

 

これは、次女が産まれた次の日の写真。

 

夫が家庭に興味がなくて困っている方、パパスイッチはどうやったら入るか、考えてみてくださいね。

明日以降に、どうやったらパパスイッチが入るか、僕も考えてアップしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

家庭を顧みないパパには、パパスイッチが入っていない可能性があります。

そんなパパは、決してやりたくないと思っているのではなく、スイッチが入っていないので、やる理由を見いだせていないだけかもしれません。

立ち会い出産は、パパスイッチを入れるのにすごく良い機会。

 

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!