最新トレンド情報

個人M&A入門!三戸政和著の本から学ぶ300万の事例。セミナー情報もクロ現で

スポンサーリンク

2019年6月26日のクローズアップ現代で、個人M&Aに関する特集がされます。

終身雇用の崩壊が近づきつつあったり、定年後には2,000万円必要だという試算も出ていて、何かと不安な老後。

そんな中、定年後の一つの選択肢として個人M&Aが注目されつつあります。

三戸政和さんが書いた本である「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」は、この個人M&Aについての指南書です。

今回の記事では、いま注目の個人M&Aに関しての情報を整理するとともに、三戸氏の本やセミナーに関する情報をまとめます。

 

個人M&A入門!定年後の選択肢の1つ

終身雇用の崩壊が近づきつつあったり、定年後には2,000万円必要だという試算も出ていて、何かと不安な老後。

私は今30代前半ですが、定年は確実に70歳になるでしょうし、十分な年金も恐らくもらえないだろうなと思っています。

そのため、定年後のセカンドライフというものはないでしょうし、どうにかして自分自身で守る手段を持たないとな、とも思っています。

そのためには、どうにかして資産を作らなければなりません

 

そんな中、”個人M&A”というのが注目されつつあることを知っていますか?

M&Aというのは、Mergers(合併)and Acquisitions(買収)の略です。

つまり、企業の合併買収のことで、2つ以上の会社が一つになったり(合併)、ある会社が他の会社を買ったりすること(買収)です。

では個人M&Aは何か?というと、個人で会社を買収してしまうこと

会社を買収するということは、そのまま買収した会社のオーナー(社長)になるということです。

つまり、サラリーマンから会社を買収してしまうことで、資産となる会社のオーナーになってしまおうということです。

 

本当に個人で会社を買収することができるの?

”個人M&A”と聞いて、”本当に個人で会社なんて買うことができるの!?”という疑問が出ますよね。

私も思いました。

ですが、世の中には個人で買えるほどの値段で売っている会社が多いとのことです。

 

例えば、中小企業には黒字であっても後継者がいない会社が多くあります

もう70歳や80歳になる社長。

誰かに譲りたくても、誰に譲ればいいかわからない。

そんな会社の社長さんは、損をしなければそこそこの値段で会社を売ってしまいたいと思っているらしいのです。

 

急に社長になって、やっていけるの?

中小企業なので、従業員は10人以下の会社も多い。

社長といっても10人もいない従業員なので、大企業の課長を経験していれば、十分にマネジメントできる人数です。

しかも大企業だと、コストカットや業務の効率化に関するノウハウも持っているはずですよね。

そのノウハウを小さい会社に適用するだけで、すごく成長させることができるのです。

 

 

スポンサーリンク

三戸政和の本から学ぶ300万円でのM&A

この個人M&Aが有名になったのは、三戸政和氏の著書である「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」が出版されてからかですね。

 

 

私も半年ほど前に購入して読みましたが、かなり目から鱗でした!

興味がある方は、絶対に読んでおいたほうがいいです。

私は「社長になる=起業をする」という事ばかり考えておりましたが、そこにM&Aという選択肢ができたのは大きかったな、と思います。

 

スポンサーリンク

個人M&Aに関する今後のセミナーは?

300万円といえども、本当に個人M&Aするのであれば、少なくない額を投資することになります。

そのため、本を読む以外にも、セミナーなんかにも出たいですよね。

調べてみると、様々なセミナーがあるみたいです。

 

セミナー参加には、まずは個人で登録できるM&Aのマッチングサイトに登録するのが手っ取り早いです。

私も登録しているのがこちらの3つ。

 

  • Batonz(バトンズ)
  • Tranbi(トランビ)
  • M&Aクラウド

 


バトンズはこちらです。

https://batonz.jp/

 


トランビはこちら。

https://www.tranbi.com/

 


M&Aクラウドはこちらです。

https://macloud.jp/

 

三戸政和氏のオンラインサロンも

セミナー情報を得るには、三戸政和氏のオンラインサロンもあるようです。

月額1万円かかりますが、M&Aした人の生の声を聞くことができるため、本気で個人M&Aをしたいという方はオススメですね。


 

スポンサーリンク

クローズアップ現代+(クロ現)を見た感想は?

実際に、クローズアップ現代を見ました。

まず感じたのは、購入する側の”覚悟”です。

会社を売る側も、数十年と会社を育ててきた想いがあります。

そして、その会社がある地域にとっても、会社の存続が地域の存続に関わることに繋がります。

 

確かに会社を購入することで年収をアップさせたり、資産を作ることにもなります。

ですがそれ以上に、会社をいかに成長させるかという”覚悟”がないと、M&Aの後に本当に思い描いている未来にはならないのかな、と思います。

そのため、事業の数字がどうかというよりも、会社が育ってきたストーリーを好きになることがとても重要だと感じました。

 

そして、個人でのM&Aを成功させるには、この3つが必要であるということです。

  1. 勝手知ったる分野で
  2. 人材も引き継げ
  3. 本当にやってみたい仕事か

 

3つ目の「本当にやってみたい仕事か」というのは、非常に重要です。

 

三戸政和の本を読んだ感想は?

そんな三戸政和氏の本を読んだ感想はどうだったでしょうか?

 

夢が広がる。続編に、具体的事例を入れて欲しい。また、雇われ経営者からオーナーへの道筋なども事例を交えて加筆したものが読みたい。著者の講演なども興味があります。

 

時事的に以前から気になっていた事にぴったりのタイトル、内容で、朝から読み始めて一気にその日中に読み終わり。とてもとても面白い。自分なりによくよく咀嚼していきます。

 

読みやすいので、初心者には良いと思います。具体的な手法はもっと知りたいですね。

 

会社は商品を通して儲けを得る、という考え方ではなく、会社という商品を扱う方法を学びました。儲けた先に何をしたいか、というビジョンを持って実行してみたいと思いました。

 

発想が面白い。自分自身に発想がなかったので選択のひとつとして考えたい

 

私の感想としても、個人M&Aという選択肢が広がった感じがしました。

ですが、具体的にどうすればM&Aできるのか?というイメージまでは持てませんので、そこはセミナーなどで情報を得たいですね。

 

まとめ

定年後のことを本気で考えなくてはならない時代。

その選択肢の一つとして、個人M&Aという方法もあります。

選択肢が複数ある、というのは強みになりますので、是非とも本だけでも読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!