ポイントサイト

GポイントはANAマイル交換ルートとして不要!東急ポイントにするにはどこ経由?

ANAマイルへ交換するために、ポイントサイトでコツコツとポイントを貯めている方は多いですね。

通称陸マイラーと呼ばれる方たちで、飛行機に乗らずにANAマイルを貯めるのにポイントサイトは必須のコンテンツとなります。

ポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルに交換するルートは一つではありません。

有名なのが、LINEポイントとソラチカカードを通ルート(通称、ソラチカルート)と、東急ポイントを通るルートの2つでした。

そして2019年の12月を最後に、今まで主要なルートだったLINEポイントルート(通称、ソラチカルート)が廃止されました。

それによって、今まで使っていたGポイントというサイトが不要に。

では、Gポイント経由のソラチカルートが閉鎖された今、どういったルートでどのようなポイントサイトを経由する必要があるのでしょうか。

実は、東急ポイントを経由する、Tokyuルートというのが主流になっていきます。

今回の記事では、今まで使用されていたソラチカルートと、今後主流になる東急ポイントルートに関してご紹介していきます。

 

2019年までの王道ルートはLINEポイントルート(ソラチカルート)

2019年12月まで、ポイントサイトからANAマイルへの交換ルートでもっともお得なのは「LINEポイントルート(ソラチカルート)」でした。

LINEポイントルートはポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントに交換してそれをメトロポイントへと交換します

そしてソラチカカードを使いANAマイルへと交換するルートのことで、交換レートは81%になっていたのです

 

 

下記のカードが、いわゆるソラチカカードと呼ばれているもの。

 


ただし、LINEポイントにポイントを等価で交換できるポイント交換サイトは「ポイントタウン」と「Gポイント」です。

そのため、ハピタスやモッピー などのポイントサイトを使った場合には、まずはGポイントに交換する必要がありました。

 

ソラチカルートが廃止!

陸マイラーやポイントサイトのポイントをANAマイルに交換している方たちには、このLINEポイントルートは王道でした。

2018年3月まではもっとお得に交換できるルートがあったのですが、ルールの改変などによって廃止されてしまっています。

ですので、現在はこのLINEポイント交換ルートがもっともお得にANAマイルへと交換できるルートになっていました。

しかし、このソラチカルートも2019年12月27日で終了してしまったのです。。

2020年はLINEポイントルートとは別のルートでANAマイルと交換しなくてはいけません。

 

 

LINEポイントルートに代わるANAマイル交換ルートは東急ポイント!もうGポイントは不要!

まず、2019年12月27日でLINEポイントルートが閉鎖してしまったので、新たなルートでポイントをANAマイルにする必要があります。

結論から言うと、今後の主流は東急ポイントを使ったルートになります。

 

今後の主流は東急ポイントルート

LINEポイントルートが閉鎖してしまうのは、非常に残念なことですが落ち込んでいる暇はありません。

今後主流となる交換ルートは、おそらく「Tokyuポイントルート」です。

TokyuポイントルートはANA Tokyuカードを利用して、ANAマイルに交換するルート。

交換レートは75%とLINEポイントルートに比べると若干落ちてしまい単純に損してしまうように感じますが、Tokyuポイントルートにはメリットもあります

 

Tokyuポイントルートのメリット

実はLINEポイントルートの方が交換レートが高いのにも関わらず、それを知っていながらTokyuポイントルートを使っている人も存在しています。

それは、Tokyuポイントルートにもしっかりとしたメリットがあるからですね。

1つは、マイルに交換されるまでの期間が非常に早く、簡単であることが挙げれらます。

もう1つは、ソラチカカードでは1ヶ月の移行上限が1万8千マイルだったのに比べ、Tokyuカードの上限は7万5千マイルです

今までのソラチカルートでは、年間で20万マイルしか貯めることができませんでした。

しかし東急ポイントルートを使えば、年間最大90万マイルを貯めることができます

 

家族4人のビジネスクラスでのヨーロッパ旅行は38万マイル必要

私は4人家族なので、全員でビジネスクラスを利用してヨーロッパに行くとなると、38万マイルほどが必要になります。

そのため、ヨーロッパ旅行をするのに2年はマイルを貯める必要があります。

ですが東急ポイントルートであれば、1年間で最大2往復ぐらいはヨーロッパに行けるとうことです!!

これはいい条件ですね。

 

Tokyuポイントルートに必要なポイントサイトはドットマネー 

Tokyuポイントルートを利用するのであれば、ポイントをドットマネーに交換しておく必要があります

もしドットマネーに交換できないポイントサイトを利用しているのであれば、Tokyuポイントルートを利用することはできません。

モッピーやハピタスなどの有名どころのポイントサイトを使っているなら問題はないでしょう。

Tokyuポイントと等価で交換できるのはドットマネーになります。

 

Tokyuカードの発行が必要

TokyuポイントをANAマイルに交換するには、Tokyuカードが必須です。

Tokyuカードは数種類あるのですが、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行してください


こちらのカードは年会費がかかりますが、毎年ボーナスマイルとして1000マイル貰うことができます。

1マイル2円の価値があると見積もっても、年間2000円分は元が取れるカードです。

陸マイラーにとっては今後、重要になるカードといえますね。

 

2020年1月現在、こちらのANA TOKYUPOINT ClubQ PASMOカードは600ポイントほどもらえるので、ぜひモッピーに登録して作成しましょう!

モッピーの会員登録はこちらからどうぞ。

↓【完全無料】今すぐモッピーで稼ぐ↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

↑無料で登録し今すぐモッピーで稼ぐ↑

まとめ

今までもっともお得なLINEポイントルートがなくなることで絶望的に考えている人もいるかもしれません。

しかし、今回紹介したTokyuポイントルートもそれに匹敵するくらいお得な交換ルートといえるでしょう。

注意点としては、Tokyuポイントルートを利用するにはドットマネーに交換できるポイントサイトを活用することです

登録はまだの方は、有名どころのモッピーやハピタスに登録してみてはいかがでしょうか?

 

モッピーの会員登録はこちらからどうぞ。

↓【完全無料】今すぐモッピーで稼ぐ↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト 

↑無料で登録し今すぐモッピーで稼ぐ↑

 

ハピタスの会員登録は、こちらからどうぞ。

↓【完全無料】今すぐハピタスで稼ぐ↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス 

↑無料で登録し今すぐハピタスで稼ぐ↑

 

 

普段の生活をちょっとずつお得に

 

  • 毎月あと5,000円あったら楽なのに…
  • もうちょっとお小遣い増えないかな…
  • 通勤時間を使って稼げないかな…
  • もっとお得にネットショップできないかな…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

普段をお得にできたらいいのに。。

そんな時に出会ったのがポイントサイトです。

ポイントサイトを経由するだけで普段がお得に。

数あるポイントサイトを使ってきた経験上、モッピーが相当使いやすくお得です。

ぜひモッピーに無料登録してて普段をお得に過ごしましょう!

 

↓モッピーに無料登録してお得に生活する↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト