最新トレンド情報

斎藤佑樹の引退後のキャリアは?成績がヒドくても戦力外にならない理由とは?

スポンサーリンク

2019年のプロ野球が先週開幕しました。

昨今のプロ野球で必ずといっていいほど話題になるのが、斎藤佑樹投手の去就。

今年の開幕は1軍で迎えましたが、4月4日の楽天戦に初先発すると、2回でKOされ、翌日には2軍行き。

もしかしたら今年で引退か!?という噂もささやかれています。

そんな斎藤佑樹投手の引退後は、どんな仕事に就くのでしょうか。

 

斎藤佑樹投手はなぜ引退していないのか?

毎年のことながら、斎藤佑樹の去就が話題になります。

正直いって、その成績だけ見れば、ここまで現役を続けているのも不思議なほど。

 

登板数 勝利数 防御率
2011 19 2.69
2012 19 3.98
2013 13.50
2014 4.85
2015 12 5.74
2016 11 4.56
2017 6.75
2018 7.27

 

プロ野球の1年目に最多の6勝を挙げて以来、その成績は下降線をたどる一方。

最近では中継ぎ登板も多かったので勝利数が伸びないのはわかりますが、それでも防御率がなんとも頼りない。。

 

 

スポンサーリンク

なぜ斎藤佑樹は引退をせずに現役を続けていられるのか?

このような成績しか残すことができないのに、なぜ斎藤佑樹投手は現役を続けていられるのでしょうか?

 

  • 人気選手だから、ファンを球場に来させるためにも引退させない?
  • 監督にしか分からない才能がある?

 

真偽のほどはわかりませんが、ネット上のみなさんも、斎藤佑樹投手が現役を続けられているのに疑問を持っているみたいです。

 


 

スポンサーリンク

斎藤佑樹の引退後はどんなキャリアを歩むのか?

今年も1試合で2軍にいってしまった斎藤佑樹投手。

今からその行き先が気になるのが、「引退後のキャリア」です。

プロ野球での成績はパッとしませんでしたが、甲子園や早稲田大学での成績はピカイチ。

「ハンカチ王子」として一時代を築いたそのスター性は疑いようがありませんね。

甘いマスクで、人気もいまだに衰えていません。

そんな斎藤佑樹投手を、テレビ局をはじめとする、メディア関係者が放っておくとは思えません。

 

斎藤佑樹の引退後は、キャスターが最有力か!?

知名度も抜群。

顔もいい。

となれば、引退後はやっぱりキャスターが最有力なのではないでしょうか。

ニュース番組の解説者として活躍する日も近いかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

斎藤佑樹投手が引退せずに、戦力外にもならないのは、成績から見てもわかりません。

もしかしたら大人の事情があるのかもしれませんが、ネット上の声を見ても、なぜ戦力外にならないかは謎のようです。

それでも、野球選手は遅かれ早かれ引退するもの。

斎藤佑樹投手の引退後は、キャスターが最有力かもしれません!

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!