ライフハック

専業主婦は家事と育児が当たり前なの?夫と分担する割合はどれぐらいがいい?

子どものいる専業主婦の仕事は?

と聞かれたらそれは家事、育児でしょうという答えが返ってくると思います。

オムツ替えや離乳食作り、病院、保育園の送り迎え、お風呂などなど。

そして夫が帰ってくるまでに、買い物に行き、お風呂を掃除し、急いで食事作り。

ですが、それは専業主婦なら当たり前なのでしょうか?

今回は「専業主婦は家事、育児をすべてするのは当たり前!?夫にも分担してもらうには?」

というテーマでお伝えします。

 

専業主婦が家事をするのは当たり前なの?


「育児は2人で協力してするもの」というのは考え方としては当然です。

でも、現実的に子育てには【お金】【子どもの世話をする】という2つの大事な柱が必要になってきますよね。

どちらかが欠けていても、子どもを大きくすることはできません。

家の中では子どもとずっと一緒、頼みの夫は仕事から帰ってきても何もしない、となると不満を持ってしまうのも分かります。

でも夫は「稼いでくる」ことで育児に参加していると、考えることはできませんか?

実際、夜遅く帰ってくる男性なら直接子どもの面倒をみることは、時間的にも体力的にも難しいですよね。

きちんと毎日会社に行って、父親の役目を果たしている夫の気持ちを理解してあげるのはどうでしょうか?

お金を稼ぐ仕事をしていないということは、必然的に家事と子どもの面倒をみるという仕事は、専業主婦である妻の役目になります。

ただ、育児というのは外の仕事とは違ってこの方法が正解】も【今日はここで終わり】もありません。

良かれと思ってやったことが逆効果だったり、泣き始めたら泣き止むまでいつまでもあやさなくてはならないのです。

そこへ最低限の家事と夫の世話もプラスされると、疲れ切ってしまうこともあると思います。

そういう時は、もし時間があれば少しだけ夫に話を聞いてもらいましょう。

夫の帰りの遅い方は、ママ友、姉妹、実家の母親、ネットの掲示板などで辛さを和らげるようにしてくださいね。

 

専業主婦は家事だけでなく、育児もこなさなければならない!?その問題点は?

妻のワンオペ家事、育児の問題点とは

  • 子どもと父親のふれあいがなくなる
  • 父親が基本的な家事を覚えないと、アクシデント時に困る

主にこの2つが挙げられます。

順番に見ていきましょう。

妻のワンオペ家事ではなく、夫も育児を分担した方がいい理由

子どもと父親のふれあいがなくなる

子どもの頃の親とのコミュニケーションは、その後の子どもの人格形成に大きく影響を与えます。

仕事が忙しすぎて子どもの寝顔しか見ていないという父親だと、たまに会ったとき【時々家にいるおじさん】としか子どもが理解できない状況になることも。

一生懸命頑張って子どものために仕事をしてきても、これではすごく悲しいですよね。

そんなことにならないよう、父親が不在の時もお父さんはこんな人で、今、お仕事頑張ってるんだよ!と子どもに話してあげるのも母親の役目のひとつではないでしょうか?

父親が基本的な家事を覚えないとアクシデント時に困る

また、専業主婦の妻に家事、育児を任せっきりになっていると、妻にアクシデントが起こったとき、夫はとても困ることになるでしょう。

長い人生、何があるか分かりません。

ケガをしたり、病気になったりで突然入院、なんてことがないとは誰にも言い切れないでしょう。

そのときは夫も仕事をし、最低限の家事と子どもの世話をしなくてはならないわけですが、普段何もやっていなければ何がどこにあるかさえ分かりません。

ですから夫に家事や育児を手伝ってほしい場合。

「万一、私が倒れたときに困るから。子どものために少しずつでいいので、覚えてもらえないかな?」とお願いするのが一番いい方法だと思われます。

【妻のいない状況】を具体的に想像してもらうことで、協力してもらいやすくなりますよ!

専業主婦の家事を夫に手伝ってもらうときの割合は?

では、夫に家事を手伝ってもらう時に、どのような割合で分担してもらいましょうか?

 

平日のときの夫との家事の割合は?

基本的にはなるべく休ませてあげる姿勢で接すると、夫も何か手伝おうかなという気持ちになりやすいです。

もし「自分にできること」を聞かれたら次の項目をやってもらうのはどうでしょうか?

お風呂

子どもはじっとした状態でお風呂には入りません。妻が一人でお風呂に入れようとすると子どもの頭や体を洗うだけでも一苦労です。

夫がいれば子どもを先に上がらせて、体をふいたりは夫に任せることができるので、あとで妻はゆっくりお風呂に入れます。

「お風呂にゆっくり入れる」ってだけでも幸せですよね!

パパとお風呂に入らなすぎると、子どもにこんな反応をされることも…。

おむつ替え

生理現象だけは大人だって「ちょっと待って!」ということは難しいものです。

まして自分のタイミングでトイレに行けない赤ちゃんは、なるべくすぐにオムツを変えてあげるのがベストです。

でもそういう時に限って、手が離せないなんてことも。

ここは夫の出番です。

やり方を覚えればそれほどの時間はかかりませんし、ぜひお願いしましてみましょう。

夫が休日のときの家事の割合は?

子どもを外に連れ出す

子どもがいると美容院に行くことも難しくなります。子どもを連れて公園や図書館に行くことを提案してみましょう。

先ほどもお伝えしましたが、子どもとのコミュニケーションは大切です。

触れあえる時間の少ない父親には絶好のチャンスだと伝えてみるといいかもしれません。

料理

料理することが好きな夫なら、献立を決め材料を切っておけば、はりきって作ってくれる可能性もあります。

これはあくまで本人の意志を尊重しましょう。

まとめ

今回は「専業主婦は家事、育児をすべてするのは当たり前!?」というテーマでお伝えしました。

専業主婦であれば、家事、育児を9割方するのは仕方のないことでしょう。

ただ「すべてしなくてはならない」と肩に力の入った状態で毎日過ごしていると、お子さんにも悪影響が出るかもしれません。

つらい中でもわが子の笑顔にいやされたり、夫や他の人に多少のグチを聞いてもらって、なるべくストレスは発散するように心がけましょう。

>>専業主婦の家事の最低限はどこ?

>>専業主婦から学ぶ家事のコツ!

禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓