ライフハック

専業主婦の家事のコツは?苦手克服と夫に手伝うよと言われるフォローの仕方

専業主婦って時間があるんだから、料理も凝ったものを作ったり部屋も隅々まで掃除が行き届いて家事は完璧だよね!?

もしかしたら、こんなイメージで専業主婦は世間から見られているかもしれません。

ただ、専業主婦といっても人それぞれ苦手な家事も得意な家事もあるでしょう。

そんな時ちょっとした時短の「コツ」が分かれば助かりますよね。

そこで今回は「専業主婦の家事のコツって?苦手な家事は夫に手伝ってもらってもいい?」というテーマでお伝えします。

 

専業主婦で家事が苦手。でも何とかなるコツは?

専業主婦ではあるが、家事がどうも苦手…という方も中にはおられると思います。

でも担い手は自分しかいない→家事が嫌いという悪循環に陥らないためにも、ちょっとしたコツをご紹介します。

何とかなるコツ:料理

毎日食べるご飯。思い切って無洗米にしてみませんか?

味は普通のお米と変わりませんし、研ぐ必要がないので水を決まった分量上から注いでセットしたらもう終了。

ほかほかご飯のできあがりです。

また本当に時間のないときは、カット野菜を使うのもあり。

「専業主婦だから手抜きみたいなものは買いたくない」と思われるかもしれませんが、野菜などの食材が使い切れなくて困った経験は誰でもあると思います。

それを思えばちょうど良い量のカット野菜は、時短にもなり経済的でもありますよね。

何とかなるコツ:洗面台掃除

これは「ついで掃除」で簡単に終わらせましょう。

顔を洗う、歯を磨くなどで洗面台を使ったときの習慣にされたら「一連の行動」として体が覚えてしまうので、ラクですよ!

まず、メラミンスポンジで洗面台を洗います。

水あかが落ちたら、排水溝の中も手の届く範囲でいいのでゴシゴシ。

あとは時間のあるときに、漂白剤で排水溝の中を掃除する。

これだけです。

習慣にしてしまうのがコツですね。

何とかなるコツ:子どものおもちゃの整理

子どものおもちゃって本当にいつの間にか増えていて、整理するのが大変ですよね。

ついにはおもちゃ箱からあふれだし、片づけても片づけても散らかってしまうという事態になりがち。

そういうときは

  • おもちゃ箱に入る分だけしか、おもちゃは買わないというルールを作る
  • その上で、子ども自身にどのおもちゃを捨てるのか考えさせる

といいでしょう。

やみくもに捨てようとすると、子どもの反発を招きます。

時間はかかるでしょうが、きちんと言い聞かせて自分で選択できれば、納得してくれるはずです。

【ルールを守る】という練習にもなりますよ!

 

家事のコツをつかんで時間に余裕を作るとこんないい事が

専業主婦の方の中には家事を「時短する」「手抜きをする」ことは悪いことだと思っている方もおられると思います。

ただ、体調の悪いときや子育てに追われて時間のないときには、誰にも気兼ねすることなく「手抜き」をしましょう。

家事のコツをつかんで、時間に余裕ができたらこんなにいい事がありますよ!

  • イライラしなくて済むので、子ども、夫に優しくなれる
  • 子どもの話をじっくり聞いたり、関われる時間が増える
  • コーヒーを飲んだり自分の好きなことを楽しめる

たまには家事の時短をやって時間と心に余裕を持ってみませんか?

専業主婦でも苦手な家事はある!

「家事」とひとくくりに言っても、たくさんの仕事がありますよね?

あなたの苦手な家事は何ですか?

料理、献立決め、掃除機をかける、洗濯物を干す、それとも「名もなき家事」でしょうか?

一番苦手な家事を思い浮かべたら【どうしてその家事をするのが苦手なのか】を考えてみましょう。

苦手な家事を克服する方法

ここでは「トイレ掃除」を例に挙げたいと思います。

トイレ掃除をしたくない理由は

  • またすぐ汚れるから
  • 狭い空間で便器の細かいところを掃除するのが嫌
  • 何となく汚いから

などがあるようです。

まずは意識改革から

トイレって確かに汚れもつきやすいし、不潔なイメージはありますよね。

でも、私たちはトイレがないと生活できません。

たとえ2、3日食事がとれなかったとしても、トイレにだけは行くことになるでしょう。

ですから「毎日ピカピカ」までいかなくても、こまめに掃除をすることで「不潔なトイレを掃除したくない」という気持ちが少しずつ変わっていくかもしれませんよ!

毎日、簡単に掃除をしよう

「毎日トイレ掃除なんてしたくない」と思われる方もいらっしゃると思いますが、簡単にでもいいので毎日することをおすすめします。

なぜなら

  • 毎日することで汚れがつきにくくなり、結果的に掃除のしやすいトイレになる
  • 不潔なトイレより清潔なトイレで用を足す方が、精神的に良い

からです。

具体的には

  1. トイレブラシで便器の中を磨く
  2. 床→便器→手を洗うところの順で拭いていきます

簡単ですよね。

拭くときにべんりなのがこれ「まめぴか」です。

トイレットペーパーにこの「まめぴか」をシュッとひと吹き。

床から便器まで全部拭き終わったあとは、便器の中へポイ。

ペーパーふきんによくあるモロモロも出ません。

ぞうきんを洗う手間も省けますので、気になる方はぜひ使ってみてください!

 

専業主婦。苦手な家事は夫に手伝ってもらっていい?

「専業主婦なんだから夫に頼らずちゃんとやりましょう」というご意見もあるかと思います。

ですが、外で仕事をしている、一人暮らしであるなどに関係なく一通りの家事は誰でもできた方がいいもの。

子どもがいるならなおさらですね。

ただ、神経をすりへらしながら稼いできてくれている夫に感謝の気持ちを忘れないようにしながら、少しずつ家事を覚えていってもらうようにするといいでしょう。

休日の夫にどんな家事手伝ってもらう?

お風呂掃除

やらなきゃいけないけど、広範囲でしゃがんだり立ち上がったり何かと大変なお風呂掃除。

もしやってくれるようでしたら、お願いしてみましょう。

女性はほかにすることがたくさんあるので、あまり時間をかけることが難しい場合もありますよね。

でも男性はひとつの作業を頼むと、徹底的にやってやろう!と思う人も多いようです。

向き不向きもあるでしょうが、手や口を出さず任せてみましょう。

買い物

買い物リストを渡してスーパーで買い物をお願いしてみるのはどうですか?

普段はコンビニぐらいしか利用しない男性は、スーパーのどこに何があるか、値段はどれぐらいなのかを知らないことが多いものです。

最初は戸惑うでしょうが何度か行くうちに、商品の場所やお買い得品の選び方なども自然と身についてきます。

そうすれば、子どもに手がかかって外出できないときなど、どうしても必要な食材だけでも買ってきてもらうことができますよね。

夫に家事を手伝ってもらいたい!効果的なフォローの仕方とは?

妻が専業主婦であっても、家事、子どもの世話を両方ともなると夫に一つでもいいから家事をお願いしたい気持ちになることも。

すすんで協力してくれる夫だと助かるのですが、そうでない人の場合も家事をやってくれた後のフォローをきちんとすることが大事です。

そのフォローとは

  • やってくれたことに対する感謝を伝える
  • ともかく褒める

ことです。

買い物に行って帰ってきた夫にまずは「ありがとう」と感謝の言葉を伝えましょう。

違うものを買ってきてしまっても、頭ごなしに「何でこんなの買ってきたの!?」などとは言わないようにくださいね。

慣れない買い物は、分からないことだらけで悩むものです。

考えながら頑張って買ってきてくれたことを認めてあげるのが重要です。

「よくこの商品、見つけられたね」

「それも忘れずに買ってきてくれたんだ」と細かなことでいいので褒めましょう。

褒められると【買い物】にいい印象が残るので、次回からもお願いしやすくなるかもしれません。

 

まとめ

今回は「専業主婦の家事のコツって?苦手な家事は夫に手伝ってもらってもいい?」というテーマでお伝えしました。

専業主婦は仕事をしている主婦に比べれば、時間に余裕があるので「家事の手抜きをする」ことに罪悪感を持たれる方が多いでのはないでしょうか?

「手抜き」というと聞こえが悪いかもしれませんが、コツを覚えて時間に余裕ができることで心にも余裕ができるのです。

良い家族関係を築くためにも、時々は「手抜き」してみるのもいいかもしれませんよ。

>>専業主婦の家事は、どこが最低限なの?

禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓