最新トレンド情報

専業主婦の年金はずるい?半額検討も支払いはどこからで負担を増やす?

本日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

「無職の専業主婦」の年金半額案が検討されているというもの。

専業主婦が年金を受け取るのはずるいのか?

そもそも、専業主婦への年金の支払いはどこからきていて、誰が負担をしているのか?

それらを整理しながら、この問題を考えていこうと思います。

 

スポンサーリンク

専業主婦の年金受給はずるい?


 

令和を迎え年金改悪の議論が始まっている。現在、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金をもらうことができる「第3号被保険者」の妻は約870万人いる。

第3号については共稼ぎの妻や働く独身女性などから「保険料を負担せずに年金受給は不公平」という不満が根強くあり、政府は男女共同参画基本計画で〈第3号被保険者を縮小していく〉と閣議決定し、国策として妻たちからなんとかして保険料を徴収する作戦を進めている。

「第3号を廃止して妻に国民年金保険料を払ってもらう案、妻には基礎年金を半額だけ支給する案、夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して徴収する案などがあがっている」(厚労省関係者)

引用:マネーポストWEB

 

この問題を簡潔にいうと、「第3号被保険者になっている専業主婦の年金を減らすか、旦那から年金保険料を上乗せして負担を増やしましょうという議論が始まったということです。

 

第3号被保険者の年金は、旦那が払っているのでは?と思われる方も多い。

ですが実際は、旦那を含めた第1号、第2号の保険者全体が第3号被保険者全体の年金を負担している

つまり、働いている人全体で、働いていない専業主婦の年金を負担しているということ。

 

これ「だけ」を切り取ってしまえば、第3号である専業主婦の年金受給は、ある意味「ずるい」という議論が出てしうのもわかります。

 

 

スポンサーリンク

全員に等しく専業主婦と働く選択肢が用意されているのか?


この問題を取り上げる上で考えなければならないのは、「全員に等しく、専業主婦になるという選択肢と、働くという選択肢が用意されているのか?」ということ。

 

日本には、保育園の問題が根強い。

保育園の受け皿が少なく、子供が生まれた後に働きたくても働けない人が多くいる、ということ。

そのような保育園の問題により、結果的に専業主婦にならざるを得ない、という選択しかできなかった人は多いのではないでしょうか。

 

  • 子供を産んでも、保育園がない。
  • 保育園がないから、仕事を辞めざるを得ない。
  • 仕事を辞めざるを得なかったので、専業主婦になるしかない

 

このような問題を棚に上げて、「働いていないのに年金を受け取るのはずるいから、半額支給にします」というのは、問題に対する解決策としては雑すぎる印象を受ける。

このような対応をしていては、誰も子供を産みたいと思える社会にならないのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

専業主婦はそもそも無職なのか?

そしてもう一つの観点。

「専業主婦はそもそも無職なのか?」

ということ。

 

専業主婦であっても、働きに出かけている旦那さんを支えるという責務を果たしていることに変わりはないのではないでしょうか?

専業主婦が無職であるならば、家事代行サービスの仕事は、仕事として無価値なのでしょうか?

自分の家の家事をすることは仕事として認識されず、他の人の家の家事をすることは仕事として認識するということ?

 

仕事=お金をいただくこと

 

という概念だけが先行しすぎていないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

ネットの反応は?

このニュースに対して、ネットの反応はどうだったのでしょうか?

 

 

 

 

 

まとめ


このニュースには、かなりネットの反応も怒りで埋め尽くされているようです。

「取れるところから取ろう」としているのが、かなり見える報道です。

この問題に関しては、今後も注視していきたいですね。

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!