ライフハック

転職が怖いのは当然。3つの方法で恐怖を取り除こう!

・もう少しステップアップしたい・・・

・違う仕事をやってみたい・・・

・自分の給料をあげたい・・・

・今の上司と合わない・・・

 

この記事を見ているのであれば、あなたも転職を考えているのでしょう。

でも、いざ「転職しよう!」と思っても、なんとなく怖いし、なんとなく面倒だし・・・。

そしてそのうち、ダラダラと今の会社に残り続ける。

 

そんな経験ありませんか?

 

この記事では

  • なぜ転職は怖いと思ってしまうのか
  • 転職が怖いと思われている理由
  • その恐怖を取り除く方法

を、僕の体験談を混ぜながらお伝えしていきます!

 

「転職=悪い」というイメージを持っているのであれば、こちらの記事を読んでみてくださいね。

転職は悪くない!幸せになるための手段の1つとして捉えてみる・転職って悪いことなんだろうか・・・? ・転職するって現状から逃げるってこと・・・? もしあなたが転職を考えているな...

 

転職が怖いのは当たり前。僕の経験談

初めての転職。

怖いですよね。

僕も初めは怖かったので、その気持ち、すごくわかります。

 

僕がなんとなく転職エージェントに登録したのが2012年。

で、実際に転職したのが2017年。

登録から転職まで、なんと5年!!

結構な時間、かかりましたね。。

でも、「マジでもう転職するわ!!」と決めてから、実際に転職先が決まるまでは半年かからなかったかな。

 

僕が転職をしようと決めた理由

僕が転職を決めた決定的な理由は「時間を作りたい」と思ったから。

どういうことかというと、僕は独立のために色んな事業をやっています。

その事業をやる時間が、どうしても欲しかったから。

前の会社は、9時に出社して、18時に退社する会社。

つまり、時間で拘束される会社でした。

 

要は、どれだけ仕事を効率的に終わらせても、早く帰ることなんてできない。

出来るだけ残業しないようにしてはいましたが、18時より前に帰るなんてできませんでした。

だから、裁量労働という、「成果さえあげておけば時間は関係ない」、という会社に入ろう。

そう思ったんです。

 

転職先では、本当に時間で拘束されることはないし、在宅勤務も自由に取れるので、かなりの時間ができました。

在宅勤務に関してはこちらの記事を参照してくださいね。

転職は在宅ワークできる会社を選ぶ!ワークライフバランスを上げるための転職ども、吉田です。 転職する理由は一般的に、給与を上げるとか、キャリアアップのためにとか、そんな理由が多いですよね。 でも、今...

 

なので、結果的には大満足の転職です。

 

僕が転職を怖いと感じていた理由

今では結果的に満足していますが、転職活動中は怖かったです。

何が怖かったか。

 

転職するという選択が正解かどうかが不安

 

一言でいえば、こんなことでしたね。

 

  • 本当に転職してから時間が作れるのか。
  • 今の会社の方が、結果的には時間が作れるんじゃないのか。
  • 評判とは違って、ブラック企業だったらどうしよう。

 

つまり、「時間を作りたい」という目的に対して、転職がベストな選択かどうかがわからない、というのが恐怖の原因でした。

 

最適な選択が出来るかわからないけど、選択を最適にすることはできる

この「転職がベストな選択かわからない」っていう恐怖。

これが本当かどうか、実際に転職しなければ分からないんですよね。

だから、転職活動中に解決することはないです。

 

でも、僕が好きな言葉2つを信じて突き進みました。

その2つがこれ。

 

最適な選択ができるか分からないけど、選択を最適にすることはできる
やった後悔より、やらなかった後悔の方を、人は悔やむ

 

実際に後悔するかどうか、転職しなきゃ分からない。

で、転職後に「良い転職だった」と思うかどうかは、結局自分次第なんですよね。

 

一般的に、転職が怖いと思われている理由

 

僕の経験談をお話ししました。

で、ここからは一般的な話をしてみましょう。

 

僕の周りの転職組の話や、ネットの記事を参考にしました。

一般的に、転職が怖いと思われている理由はこれらですね。

 

  1. 転職で失敗するのが怖い
  2. 就職活動で失敗したという、過去のトラウマを引きずっている

  3. 給料が下がるのが不安
  4. 退職を切り出した時の会社の反応が怖い

  5. 新しい会社に慣れるかどうか不安

  6. 転職した後の人間関係が不安

 

ということで、一つ一つの理由を見ていきましょう。

 

転職が怖い理由1:転職で失敗するのが怖い

転職での最大の恐怖は「失敗するのが怖い」でしょう。

転職で目的とするものが実際に得られなくなること、というのが失敗ですよね。

仕事は人生の中で大きな位置を占めるものです。

だって、1日の1/3にの時間である、8時間も仕事をするわけですから。

だから、転職の失敗がとても怖い、という気持ちはわかります。

 

転職が怖い理由2:就職活動で失敗したという、過去のトラウマを引きずっている

僕の世代は、けっこう就職氷河期だったんです。

何十社も受けて、やっと1社決まる、というような時代です。

自分の希望通りの会社に就職できた人の方が少ないんじゃないか、と思うぐらいです。

そして、その会社がブラックだったりしたら・・・。

そんな、就職活動で失敗したという、過去のトラウマを引きずっている例もあるようです。

 

たとえば、新卒で入社した会社がたまたまとんでもないブラック企業で、上司に暴言を浴びせられてうつになったような人。

  • どうせ自分なんて・・・
  • また同じような会社に就くしかないんだ・・・
  • 世の中の会社は全部ブラックだ・・・

と思ってしまうのも無理はありませんよね。

ですが、それは思い込みでしかありません。

もちろん、一度あったことは二度あることは否定しませんが、そうじゃないこともあります。

 

転職が怖い理由3:給料が下がるのが不安

転職で環境を良くしたい、と思っていても、給料だって気になるもの。

人は、簡単に生活水準を下げられないものです。

野球選手とか大物有名人が10年後には破産している、なんてのは、生活水準を下げられなかった最たる例ですよね。

なので、できれば給料を下げたくない。

この気持ちはすごくわかります。

でも、転職先に行くかどうかは、最終的な条件が提示された後に決めればいいのです。

面接で受かったとしても、給料などの条件が折り合わなければ、行かなくてもいいんです。

 

転職が怖い理由4:退職を切り出した時の会社の反応が怖い

そして、幸運にも希望通りの転職が決まった時。

嬉しい反面、不安もよぎります。

それは、「今の会社に退職を切り出した時の、反応が怖い」というもの。

 

実は僕、これがすっっっっっっっごい恐怖でした。

というのも、かつての僕は、全ての人にいい顔しっぱなしだったんですよね。

出来るだけ周りに迷惑をかけないように、というのが僕の生きかたでした。

でも、言わないことには始まらないから、ちゃんと言いました。

で、意外とすんなりですよ。

会社によっては引き留めとかすごいらしいですが、僕の会社はそうでもなかった。

たとえ色んなことを言われたとしても、1ヶ月後にはおさらばする会社です。

最後の仕事と思って、勇気を持って切り出しましょう。

 

転職が怖い理由5:新しい会社に慣れるかどうか不安

これもありますよね。

自分でベストな選択を決めたはずなのに、なぜか不安。

わかります。

 

でもこれは、人間の本能として当たり前なんです。

というのも、動物は「現状維持が一番安全」という本能があるから。

せっかく今の場所で、たとえ少しの不満があっても、安全に暮らせている。

なぜ環境を変える必要があるの?と、あなたの本能は思っているからです。

 

あなたの安心安全な場所。

それを、コンフォートゾーン、と呼びます。

快適な空間、という意味ですね。

転職で違う場所に行くことは、コンフォートゾーンから出てしまう、ということ。

だから、すごく不安なんです。

 

でも、これは「全員持っている不安」です。

あなただけじゃない。

この不安を乗り越えることで、また一つ経験豊かなあなたになることができます。

 

転職が怖い理由6:転職した後の人間関係が不安

もしあなたが、今の人間関係で悩んで転職を決めたなら。

次の会社での人間関係は、すごく不安ですよね。

だってまた同じことが繰り返される、ということになったら、なんのために転職したんだろ・・・と思ってしまいます。

でも、それは全部思い込み。

最適な選択ができるか分からないけど、選択を最適にすることはできます

だから、次の会社では新しい自分が生まれる、ぐらいに思ってみましょう。

 

転職が怖い、を取り除くための方法

では、この転職の恐怖は簡単に取り除けないのか?

というと、そうでもなさそうです。

これら6つの恐怖に共通していえることが1つあります。

 

転職の恐怖は、情報不足による恐怖

 

だということ。

「失敗するのが怖い」という恐怖は、「なぜ失敗したのか」「失敗しなかった人はどんなことを考えていたのか」ということがわかれば、大抵は対策が立てられます。

「給料が下がるのが不安」というのも、給料が上がる会社の情報を知らない、というだけです。

だから、実は「情報を集める」ということが、転職では恐怖を取り除く一番の対策になります。

 

情報を集めるための3つの方法

では、転職の情報を集めるには、どうしたら良いのか。

3つ方法があります。

 

  1. 自分で調べる
  2. 転職した人に話を聞く
  3. 転職エージェントに話を聞く

 

自分で転職情報を調べる

 

今はネット社会です。

大抵は、自分で知りたいことが調べることができます。

例えば、「転職で給料が下がる」というのは、自分で調べると、「転職で職種も変えてしまう」という場合に起こることが多い、ということがわかります。

企業は、転職者に即戦力を期待します。

職種を変えると、即戦力になりませんよね。

教育していくコストもかかる。

だから、転職で職種も変えると、給料が下がることが多いのです。

 

転職した人に話を聞く

周りに転職した人がいるのであれば、その人に話を聞くことがいいですね。

もしその人が、あなたが実際に転職したいと思っている会社だったら、なお聞いておいた方がいいです。

生の声って、かなり大事なので。

ただ、同じ会社であっても、職種や部署によって忙しさが変わります。

転職して1年ぐらい経った人から聞くのが一番いいですね。

 

転職エージェントに話を聞く

最後の方法は、転職エージェントに話を聞くことです。

転職エージェントは、転職のプロです。

だから、転職に関するありとあらゆる情報を持っています。

しかも、転職者は一切お金がかかりません。

転職エージェントというのは、求人を募集している会社からお金をもらっているので、転職希望者には一切お金がかからないようになっているのです。

 

転職した人に話を聞くこともいいのですが、少ない人数の意見しか聞くことができません。

一方で、転職エージェントは多くの人の情報を持っています。

その人が手がけた転職情報だけじゃなく、転職エージェントの会社全体の転職情報を得ることができます。

これは、かなりのメリットがありますね。

 

しかも、1つの転職エージェントにこだわる必要もありません。

複数の会社に登録して、色んなエージェントの話を聞くことができるのです。

僕は実際に、5社に登録していました。

そして、最終的にはリクナビさんにお世話になりました。

その辺りの話は、また別の記事で。

 

まとめ

転職の恐怖は次の6つ。

  1. 転職で失敗するのが怖い
  2. 就職活動で失敗したという、過去のトラウマを引きずっている

  3. 給料が下がるのが不安
  4. 退職を切り出した時の会社の反応が怖い

  5. 新しい会社に慣れるかどうか不安

  6. 転職した後の人間関係が不安

 

しかし大抵の恐怖は、「情報不足による恐怖」であるため、情報を得ることで解決されることが多い。

情報を得るための方法は3つある。

  1. 自分で調べる
  2. 転職した人に話を聞く
  3. 転職エージェントに話を聞く

 

ぜひ、情報源を最大限に活用して、転職の恐怖を取り除きましょう!!

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!