マイルで旅行

ワールドカップ観戦でロシアまで行った話。セネガル戦当日に大物有名人と遭遇!!

紆余曲折あったロシアまでの道のり。

ロシアに着いて友人と合流すると、まったくハプニング起きず。

いや、ちょっとしたハプニングは多々あったものの、複数人でいると笑いに変わるので、全然OK。

むしろ刺激になるので、ハプニングちょうだい!って感じ。

今日は、セネガル戦の当日の模様を!

 

スポンサーリンク

前日に、決戦の地、エカテリンブルクへ!

セネガル戦は、現地時間の6月24日20時Kick offです。

当日に行くこともできましたが、トラブルは避けたいので、前日に決戦の地へ。

エカテリンブルクってどんなとこ?っていうと、けっこうロシアの真ん中。


高速バスとか、電車とかでもいけるらしいんですが、半日以上かかります。

なので、行くなら飛行機一択がおすすめ。

僕たちも当然ながら、飛行機で行きました。

 

エカテリンブルクは、京都みたいな印象

僕もセネガル戦に行くので、初めて聞いたエカテリンブルク。

どんなところか調べてみました。

ロシア連邦の中央部に位置する大都市。人口は2002年全ロシア国勢調査では129万3,537人で、1989年ソ連国勢調査での136万4,621人から減少していたが、近年は増加し2017年には145万5904人となっている。ロシア国内ではノヴォシビルスクに次ぐ4番目に人口の多い都市となり、ウラルの首都と言われ発展著しい都市である。初代ロシア大統領、エリツィンの出身地。

結構、大都市みたいですね。

 

で、実際に降り立ってみると、本当に発展してそうな感じでした。

でも、モスクワみたいに高いビルとかはほとんどなくて、自然と街とが融合したような、そんな街です。

 


 

モスクワは「外国の大都市」に来た、みたいな感じで、あんまり外国の文化とか分からなかったんです。

でも、エカテリンブルクはロシアの文化や自然を残しつつ、住みやすい街にした、みたいな印象です。

なので、街をブラブラするのも、エカテリンブルクの方が楽しい。

日本で言えば、京都みたいな感じの印象を受けました。

 

街はW杯で大盛り上がり!

で、とりあえず当日迷わないように、スタジアムを下見。

するとありました!

ニュースでも話題になったあれ。

座席数が少ないので、増設した部分です。

 


 

外から見ると、突貫工事丸出しの感じ。

いつか壊れるんじゃないかと、めちゃめちゃ怖い。。

ちなみにこの部分のチケットは、ロシアの人しか買えませんでした。

外国の人がここに座って何かあった時に、ロシアとして責任が取れないんですかね。

 

で、街をブラブラすると、パークではW杯を盛り上げようとしている感じがすごく伝わりました。

リフティングパフォーマンスやってたり。

 


 

ストリートミュージシャンがいたり。


とりあえず、すごーーーく楽しい感じでした!!!

 

めちゃめちゃ挨拶してくれるロシア人

モスクワと違って、エカテリンブルクの人たちは人懐っこいです。

日本人だとわかると、「コンニチハ!」と挨拶してくれます。

ちっちゃい5歳ぐらいの女の子も、「コンニチハ!」と言ってくれました。

多分、ロシアの中ではそれほどメジャーな都市じゃないので、日本人が来ることがあまりないんでしょうね。

10人ぐらいに、「一緒に写真撮ってくれ!」って言われて、ちょっとした有名人気分でした。笑

 

本当に、日本人ウェルカム!って感じが街全体から伝わって来ました。

僕たちも2020年の東京オリンピックでは、世界中のみんな、ウェルカム!って感じで、現地語の挨拶ぐらいは覚えておきたいですね。

現地で、母国語の挨拶されると、本当に嬉しいので!!

 

スポンサーリンク

いざ、セネガル戦!!

そんな感じで、エカテリンブルクをちょっとだけ満喫。

ワクワクしながら寝ました。

そしてセネガル戦当日です!

 

ホスピタリティプログラムって知ってます?

僕たちのチケット。

実は、ホスピタリティプログラムの席でした。

今まで全然知らなかったんですけど、ちょっとだけ高級なスポーツ観戦のチケット。

 

こんなチケットです。


 

何がいいかっていうと、かなり素晴らしいチケットです!

なぜなら、これだけのメリットがありますからね。

 

  • 専用ゲートがあるので、並ぶ必要なし。
  • 個室が用意されている。
  • 個室では軽食とアルコールが食べ飲み放題。
  • しかもその食べ飲み放題は、試合開始3時間前〜試合終了後2時間まで(計7時間!!)
  • 個室にトイレが付いているので、混雑したトイレに行かなくていい。
  • 専用のテラス席があって、立ち見とかでもOK。(僕らは終始立ち見で白熱してました!)

 

専用の入り口はこんな感じです。


 

個室ではお姉さんが1人ついていて、店員さんみたいに全部運んでくれます。

 


ホスピタリティプログラムの気になるお値段

これだけの至れり尽くせりの中での観戦。

気になるのはお値段ですよね。

いくらだと思います?

いわゆるVIP席なので、10万円以上なイメージですよね。

 

$599でした!

 

日本円で6万円ぐらい。

この値段を僕の周りの人に言うと、「え、思ったよりリーズナブル!」と言っていました。

あなたもそんな感想ですか?

 

ちなみに、ちゃんと抽選でこの席を取ろうとすると、半額の$300以下です。

でも、僕たちは代理店にお願いしたので、チケット購入が確約されていました。

なので、直前になって抽選に当たった/当たらないでバタバタすることがない。

 

そんなのもプチメリットでした。

正直、4年に1回観戦するなら、このホスピタリティプログラムをオススメします!!

1年に15,000円ずつ貯めておけば、買えますから。

月に1,300円ぐらいの貯金です。

買えそうじゃないですか?

 

徳を積んだ甲斐があった!大物有名人と遭遇

そんなホスピタリティプログラム。

いわゆるVIP席です。

普段は会えない方にあってしまいましたー!

 

なんと、片瀬那奈さんと会いました!

片瀬那奈さんは「シューイチ」の取材がてら来たみたいです。

Instagramに上がっていたので、ちょっと写真を拝借します。

ズムサタの義堂アナもいました!

みんなで「シューイチ」ポーズ。

 


 

片瀬那奈さん、本当に良い方でした。

初対面の一般人に気さくに話してくれて、ご自身がずーーーっと書き溜めているサッカーノートも見せてくれました。

本当に、サッカー好きな感じが伝わって来ました。

W杯公式キャラクターのぬいぐるみにサインも頂いて、娘にもいいお土産ができました!

一気に片瀬那奈さんの大ファンになりました!

 


 

試合は、手に汗握るドロー!

試合結果はご存知の通り、ドローでした。

GKの川島さん祭りな感じが否めませんでしたが、本田が同点ゴールを決めた時には、めちゃめちゃ盛り上がりました!!

もう、最高の試合でしたね。

ドローだったので、セネガルの人とも最後は仲良くなって帰って来ました!笑

 

そんな当日の写真を少しだけ。

 

気さくにみんなと話してくれる片瀬那奈さん。


 

スタメン発表の時は盛り上がりました!


 

試合前のアップ風景。


 

試合後に日本人で盛り上がってたら、セネガル人が「俺も混ぜろ!」という一幕も。


 

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと長くなったW杯でロシアに行った話。

行く前は不安しかなかったです。

(ロシアって怖そうだし、日本は全敗しそうだし。。)

でも、ちょっとしたトラブルはあっても、行ってよかったって、心から思います

行って良いよって気軽に行ってくれた奥さん、そして、行っている間に子供の面倒を見てくれた奥さんの両親。

心から感謝です

この経験を、家族みんなにも味わってもらいたいので、カタールW杯では、家族4人で行くことにしています!!

もちろんホスピタリティプログラムで!

では4年後のリポートもお楽しみに!笑

 

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!