ビジネス

税務調査の個人事業主体験談!なにを準備して事前通知内容と時期は?

それは、1通のLineから始まりました。

2018年7月20日(金)

税理士さんから、このような連絡が入りました。

 

税務署のササキ様からお電話があり、消費税の税務調査を実施したいとのことでした。

 

ゼイムチョウサ?

ぜ、税務調査?

税務調査って、あれ?

あのマルサの女的なやつ?

 

そう、あれです。

あの税務調査が私のところにやってきたのでした。

少し、頭が真っ白になりましたね。


個人事業主で税務調査を受けた人から話を聞く機会は滅多にないと思いますので、このブログで私の体験談を残しておきます。

この記事では、個人事業主である私に税務調査が入るという連絡を受けてから準備までの体験談をお届けします。

調査当日の体験談は、また別記事でお送りします。

 

税務調査が個人事業主にもやってくる!

実際の税理士さんからの連絡はこんな感じでした。


内容は、税務調査を実施したい旨。

そして、税務調査は拒否できない旨。

(で、ちゃっかりと立ち会いの営業)

 

このような連絡が突然来るんです。

いつか来るんじゃないかと思っていましたが、こんなにも早く来るとは。。。

それが正直な感想でした。

どこか、対岸の火事的な、自分には降りかかってこないだろう、みたいな根拠のない自身があったんですけど。

そうじゃありませんでしたね。

 

で、税務調査官は公務員なので、やっぱり平日しか時間を取ってくれない

私のようなサラリーマン個人事業主としては、平日に1日税務調査なんて休暇を取らなきゃいけないし、地味に嫌・・・。

そう思いながらも拒否できないということなので、仕事のスケジュールなどを確認し、複数の候補日を税理士さん経由で連絡。

 

決戦は事前通知を受けてから1ヶ月後の2018年8月15日

そして最初の連絡から約30分後。


日程が2018年8月15日に決定

お盆真っ只中の日程で、絶対に負けられない戦いの火蓋が、切って落とされたのです!

川平慈英並みに、ムムッッ!って感じです。

 

そもそもなぜ私が税務調査に選ばれたか?

私はこれまで、確定申告を2度行なっています

つまり、個人事業主としては、3年目のペーペー。

周りでも、10年以上個人事業主としてやっていても、税務調査に入られてない人はたくさんいます。

じゃあなぜ、そんな私に、税務調査の目が向けられたのか。

 

消費税還付をしていたら税務調査は(ほぼ)避けられない

その理由は、私の事業内容にあります。

私の個人事業主としての仕事は、主に海外輸出です。

日本の中古商品を、個人で海外に輸出しています。

そして、課税事業主を選択しています。

 

課税事業主とは、「消費税を納付する義務がある法人、個人事業主」のこと。

詳しく説明すると長くなってしまいますが、簡単にいうと「国内での売り上げに対して消費税分を納付しなければならない事業主」ということです。

 

例えば、売り上げが108万円ありました。

このとき、課税事業主だと8%の8万円は消費税として、国に納めなきゃいけないんです。

普通だったら、デメリットです。

だって、売り上げの8%を自動的に国に納めなきゃいけないですから。

 

でも、輸出をしていると、デメリットではなくなります。

なぜかというと、消費税をくににのうふするという国に納付するというのは、あくまで国内」の売り上げに対して消費税を納付するから

裏を返すと、「海外」の売り上げに対しては、消費税を納付しなくていい

しかももっとすごいのは、「海外の売り上げに寄与した仕入れや経費に課せられた消費税は、戻って来る」ということ。

なぜなら、消費税は本来「国内で消費するモノに対する税金」という意味です。

だから、海外へ輸出したモノ、そしてその輸出に関わる経費。

これらは、国内で消費したモノ、ではありませんよね。

だから、戻って来る。

 

例えば、海外での売り上げが200万円でした。

そのために使った仕入れ費用や経費が、108万円でした。

その際に、売り上げの200万円に対する消費税を国に納めなくていいし、むしろ仕入れ費用や経費の108万円のうち、すでに支払っている消費税分の8万円が戻って来る、ということ。

 


海外輸出をしていたら、課税事業主となることでめちゃめちゃメリットがあります。

これが、消費税還付です。

普通はみんなが税務署にお金を支払う(納税する)わけですけど、消費税還付は逆に税務署がみんなに支払う(還付する)わけです。

なので、ちゃんと還付する必要がある人なのか?というのは、遅かれ早かれ税務調査される、と言われています。

 

昨年の還付で受け取った額は?

昨年の消費税還付で受け取った額は、170万以上。


個人事業主2年目のペーペーが170万円の還付金を受けているわけですから、そりゃ税務署としてもこう思います。

本当にそんなに売り上げと仕入れあるの?不正に還付金もらってない?

今後も消費税還付を申請するわけですから、税務署としては早めに動きたかったんでしょうね。

 

税務調査は10人に1人は経験する

国税局HPにある「平成29年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について(PDF/663KB)(平成30年5月)」によると、個人事業者の消費税申告数は113万8千件とのこと。


また、同様に国税局HPにある「平成28事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について」によると、調査等の合計件数は8万7千件

つまり、約10人に1人ぐらいは調査されている計算です。

あなたも消費税還付の申告をしていたら、10年以内に確実に調査されるでしょう。

 

何はともあれ、税務調査には準備が必要

税務調査に入られることは避けられないので、何はともあれ準備です。

準備としてやったことはこれらの通りです。

 

  • 29年分の消費税の申告に関する資料の要約(税理士さんに作成してもらった)
  • 計上している仕入れの明細を見せれるように準備
  • 経費の明細を見せれるように準備
  • 売り上げの明細を見せれるように準備

 

あとは、むしろ何をすればいいのかわからないぐらいでした。

申告には、レシートや電子データが残っているものしか申告していないので(むしろ、それが普通)、とくに改めて何かやるってことはしませんでした

どう考えても、何も不正やってないですし。

 

まとめ

税務調査は突然やって来る。しかも避けられない。

調査は平日のみで、自宅にやってきます。

消費税還付をしているのであれば、ほぼ避けられませんので、いつかきます!

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!
普段の生活をちょっとずつお得に

 

  • 毎月あと5,000円あったら楽なのに…
  • もうちょっとお小遣い増えないかな…
  • 通勤時間を使って稼げないかな…
  • もっとお得にネットショップできないかな…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

普段をお得にできたらいいのに。。

そんな時に出会ったのがポイントサイトです。

ポイントサイトを経由するだけで普段がお得に。

数あるポイントサイトを使ってきた経験上、モッピーが相当使いやすくお得です。

ぜひモッピーに無料登録してて普段をお得に過ごしましょう!

 

↓モッピーに無料登録してお得に生活する↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト