ライフハック

お酒を飲むときのウコンを飲むタイミングは?二日酔いを避ける最適な飲み方!

お酒を飲んだ次の日、あ~飲み過ぎた、頭痛いし気持ち悪い・・・。

みたいなこと、よくありますよね。

いわゆる二日酔いってヤツなんですけど、だいたいの人が「もうお酒なんて飲まない~!!」って思うほど後悔するんです

まぁ、またその苦しみを忘れて懲りずに飲んでしまうのですが(笑

でもせっかく楽しくお酒を飲んだ後ですから、できることなら苦しみたくないですよね。

そういった二日酔い対策で有名なモノがいくつかあります。

  1. ウコン
  2. しじみ
  3. ヘパリーゼ

お酒を飲む方なら少なくとも1つは試したことがあるかもしれませんが、飲むタイミングとかちょっとわからないですよね?

今回はこの中のウコンに注目して、ウコンの効果、飲むタイミング、などわたしが体感したことを踏まえてご紹介できたらと思います。

ウコンの効果と効能

ウコンといえば、「二日酔い防止」というのが1番に思いつくかもしれませんが、それだけではなくさまざまな薬効があります。

  1. 生活習慣病予防効果
  2. 消化不良改善効果
  3. 美肌効果
  4. がん細胞抑制効果

知られざるウコンの薬効について見ていきましょう。

生活習慣病予防効果

ウコンに多く含まれるクルクミンの効果として、生活習慣病予防

肝疾患や心筋梗塞、糖尿病などを予防し、中性脂肪を吸収するためメタボリックシンドロームにも効果があるとされていますよ。

二日酔いに効くのも肝機能を向上させる効果によるものです

脂肪の酸化を防ぎ新陳代謝を促進させる作用があるため、ダイエットにウコンを活用する人も。

また悪玉コレステロールを吸収、抑制し、血管を柔軟にしてくれるため動脈硬化予防が期待できます。

消化不良改善効果

暴飲暴食やストレスなどで胃腸の機能が衰えると、胸焼けや食欲不振などを引き起こします。

ウコンには胃の活動を活発にし、胃液を分泌して消化を促す効果があるとされていますよ

美肌効果

ウコンに含まれるクルクミンには抗酸化作用があります

お肌の活性酸素を除去して老化のもとを排除してくれます。インド王朝ではウコンを肌に塗ってエステしていたという説も。

日差しの強いインドで美肌を守る知恵だったのでしょう。

シミができにくい美肌作りに一役買ってくれます。

がん細胞抑制効果

がんは人の細胞内で毎日発生しています。

普段は免疫機能によってがん化することなく消滅していきますが、ストレスや喫煙、食事など様々な要因で免疫機能が衰えると、そのままがんが育ってしまうことも。

こういったがんが育ってしまう原因をプロモーターといいますが、現在までのがん予防はなるべくプロモーターとなる原因を排除することでした。

近年アメリカのがん専門家が、ウコンにはプロモーターが存在していても、がんを育てないようにする力があるという学説を発表して話題になっています。

がんのもとを育てる原因があっても、がん化しないようにウコンが抑えてくれるかもしれないということですね

二日酔い防止にウコンを飲む効果的なタイミングとは?

ウコンの薬効を一通りご紹介しましたので、次は本題!!

お酒を飲む時にどのタイミングでウコンを飲んだら効果的なのかを考えてみましょう

上記でも書いたとおり、ウコンには肝機能を向上させる効果に加えて、胃液を分泌して消化を促す効果があるとされています。

ですので、お酒を飲む前、飲食をする前が良いのではないでしょうか。

飲み会の前にウコンを飲んで肝臓の働きと胃の働きを良くしておけば、アルコールの分解もスムーズに行われますし、アルコールが原因で起きる消化不良の予防にもなると思われます。

実際にわたしもキャバ嬢時代、同伴に行く前にウコンを飲んでいた時期がありました。

たしかに飲んでいなかったときに比べて次の日の胃もたれ、吐き気がマシだったような・・・

(スゴい量のお酒を飲んでいたので結局二日酔いは避けられませんでしたが)

あくまで二日酔い防止にはこのタイミングが良いのではないか、というだけでどのタイミングで摂取しても肝臓の働きをよくしてくれるのにかわりはありません

最近疲れてるな、肝臓弱ってるかも、という人は飲みたいタイミングでとりあえず摂取してみてはどうでしょう。

ウコンドリンクや錠剤などたくさんあるけど、結局どれがいいの?

これは以前、お店(キャバクラ)に来てくださった某製薬会社勤務のお客様に聞いたことがあります。

その人いわく、

「ドリンクタイプはほぼ清涼飲料水だから断然、錠剤タイプがいい!!」

だそうです。

調べてみると、たしかにドリンクタイプのモノに比べて、錠剤タイプのほうが薬効のあるとされるクルクミンの含有量が多い商品がたくさんありました。

とはいえ、ドリンクタイプでもクルクミンの含有量が多いモノもありますし、まったく効果がないとは言えません。

ですのでわたしは、ドリンクタイプとか錠剤タイプとか関係なくクルクミンの含有量の多いモノを選ぶことをオススメします

ウコンはどこで買うことができる?

わたしは薬局や通販で買うことが多いですが、最近はコンビニで買えるウコンの商品も多いみたいですね

コンビニで手軽に買えるウコンをご紹介します。

ウコンの力 スーパー 

秋ウコン由来の健康成分であるビサクロン480μgとクルクミン40㎎に、3種のウコンエキス、ビタミンB群4種を配合したウコンエキスドリンクです。

飲みごたえがありながらもスッキリとした風味です。普通のウコンの力よりクルクミンの含有量が多いのでこちらのほうが効き目がありそう。

琉球酒豪伝説

ウコン3種類(春ウコン、白ウコン、紫ウコン)とグァバやマンジェリコン、ジュリコン等の薬草がバランスよくブレンドされているサプリメントです。

琉球酒豪伝説という名前からして効き目がありそう。

ダイエットで悩む方にもオススメされている商品です。1日に1~2包を目安にお飲みください。

液キャベコーワV

ウコンや紅参(こうじん)をはじめとした7種類の健胃生薬成分を同時配合。

深酒で悪酔いした人や二日酔いでつらい思いをしている人の胃に効果的に働きます。

食後又は食間に服用すると、飲みすぎ・食べすぎによる吐き気や二日酔いのむかつきを改善。

個人的には、吐き気があるときにも飲みやすい味だな、と思いました。

お酒を飲み過ぎてしまうかも、というときはその前にコンビニに立ち寄ってみてください。

まとめ

ウコンはお酒を飲む人はもちろん、そうでない人でも健康のために摂取することをオススメ。

飲むタイミングもウコンの効能を知ったうえで、どういった効果を得たいかで変えればいいと思いますが、それほど気にする必要はない気がします。

日常的にウコンを摂取して健康的な体を維持していれば、お酒による体へのダメージ、お酒を飲んだ次の日の二日酔いも軽減できるのではないでしょうか。

お酒好き、健康志向の方、是非お試しあれ。

>>速攻で飲み過ぎの気持ち悪さを解消する方法!

>>二日酔い予防にはアミノ酸が効果的!

>>二日酔いを防止する最強の食べ物!

禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓