ライフハック

二日酔いしない飲み方とは?お酒の量を変えずに二日酔いを防ぐ方法

飲みすぎた翌朝、起きて気が付く不快な症状、二日酔い。

ひどい時はまともに動けず、休日を無駄にしてしまったことがある方も多いのではないでしょうか?

お酒を飲まなければ当然二日酔いにもなりませんが、その加減も難しいものです。

せめて、飲み方を工夫して防止することができれば。

そうした意識を持つだけでも、二日酔いのリスクは減らしていけます。

それでは、どんな飲み方をすれば二日酔いしにくいのでしょうか?

二日酔いは足し算と引き算?予防に必要なこととは?

基本的なことから考えてみましょう。

人間の体は、お酒を飲むと中に含まれているアルコールに対し、体内に入れようとする吸収と、排出しようとする分解が働いていきます。

例えるなら、アルコールの吸収という足し算と、排出という引き算が同時に起きていくのです。

翌朝にお酒が残っていない状態が、引き算がしっかりできてゼロまで引けた状態だとします。

逆にこの引き算がゼロまで引けずに、次の日まで残ってしまった状態が、二日酔いだと思ってください。

お酒を飲む量を減らせば足し算が少なくなる分、当然ゼロまで引きやすくなりますが、大切なのはそれだけではありません。

そのような足し算と引き算のバランスを保つということが重要なのです。

常に一定の割合でそれらの足し算、引き算が行われていくわけではないからです。

いかに足し算を減らすか。

いかにゆっくり足していくか。

いかに引き算を大きくするか。

お酒を飲む量を変えずに、また飲むお酒の種類も変えずに、飲み方を変えて二日酔いを防ぐためには、そのようなことに気をつけてバランスを保つ必要があります。

言い換えると次のようなことになります。

  • 体内へ吸収されるアルコールを減らす
  • アルコールの吸収速度を遅くする
  • アルコールの分解能力を高める

どんな飲み方をすれば良い?

それでは上で挙げたような状態にしていくためには、具体的にどんな飲み方をすれば良いか見ていきましょう。

空腹を避ける

空腹時にお酒を飲むと、アルコールの吸収速度が早まってしまいます。

先ほどの計算で例えると、10のお酒を飲んだとすれば、ダイレクトに、しかも一瞬で10の吸収が起こります。

体が受ける負担が最大化され、アルコール分解にかけられるパフォーマンスも下がってしまう可能性があります。

それを防ぐために、お酒を飲む時には胃の中に食べ物を入れておくことで吸収速度を遅くできます。

例えば同じ10のお酒でも、1が10回に分かれてじわじわと吸収されていくようなイメージです。

体の中ではアルコールの分解が同時に起こっていくため、体の負担も少なくしながら、少しずつ効率的に分解できるようになるのです。

水を飲む

二日酔い予防には水が欠かせません。

その理由は二つあります。

一つは、体に入ってくるアルコールの濃度を下げられるからです。

例えばアルコールの濃度が10あるお酒があったとして、水を同時に飲むことで5まで下げて吸収できれば、当然体への負担は減らせますよね。

ウィスキーや焼酎などのように、飲む時に加水できればそれが一番です。

そしてもう一つは、体内でのアルコール分解そのものにも水が必要だからです。

お酒を飲むと、利尿作用も働いて体中から水分がどんどん抜けていきます。

体内に水がない状態だと、アルコール分解のパフォーマンスも下がってしまいます。

本来であれば一定の時間で10の分解ができる場合でも、同じ時間かけても5しか分解できない、ということにもなりかねないのです。

飲酒中はできるだけこまめに水分補給が必要と言われる理由は、そういうことです。

食べ物を食べながら飲む

食べ物の力でアルコールの分解能力を高めることができます。

本来一定時間で10の分解ができるところを、例えば15まで高めることができれば、アルコールの引き算を大きくすることができますよね。

ちなみに、ただ食べるだけではなくて、何を食べるか、どう食べるかによることも大きいです。

具体的に二日酔い防止に役立つ食べ物の例はこちらの記事にも書いていますので、良ければ参考にしてみてください。

ゆっくりと飲む

飲酒中は、常にアルコールの吸収と分解が同時に起こっています。

アルコールの分解能力は個人差が大きいですが、なるべく時間をかけてゆっくり飲むことが望ましいことは間違いありません。

10のお酒があったとして、1ずつ10回に分けて飲んでいる間に体の中で少しずつ分解していくようなイメージです。

体の負担を最小限に抑えたまま、アルコール分解にかけられるパフォーマンスを最大限発揮していくことができるでしょう。

お酒を飲みなれている人ほど、つい「手癖」のように杯を重ねてしまいがちですね。

ゆっくり飲むことで、結果的に飲むお酒の量が少なくなることも期待できます。

その場の雰囲気やお喋りをゆっくり楽しみながら飲んでいけば、二日酔い予防につながります。

まとめ

二日酔いしない飲み方についてご紹介しました。

どれもちょっとした工夫でできることですね。

もちろんお酒の量を減らせればそれが一番いいのですが、大切なのは、吸収と分解のバランスを保つことです。

普段当たり前のように飲んでいるお酒ですが、体にとっては分解に忙しく、思っているよりも負担が高いのかもしれません。

体にやさしく、気遣っていくことでしっかりと二日酔いを防ぎましょう!

禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓