ライフハック

禁酒から1週間目の効果やメリット!体重変化や頭痛はどうなった?

スポンサーリンク

なんやかんやで、禁酒してから1週間経過しました。

千里の道も一歩から。

これから禁酒をしたいともしあなたが考えているのであれば、絶対に1週間後を経験するので、どれだけ効果があるかを記しておきます。

禁酒して3日目の効果はかなりありましたが、1週間ではその効果やメリットはどうだったのでしょうか?

よく言われている体重の変化や、禁断症状と思われる頭痛は?

 

禁酒1週間の効果やメリット

まずは、禁酒1習慣で感じた、効果やメリットをまとめます!

禁酒によるメリットはかなり感じていて、7つもありますよ!

 

禁酒1習慣の効果1:とにかく体が軽い!

本当に軽いです。めちゃめちゃ軽い。

もう、飛べそうなぐらい


お酒を飲んでいた頃は、朝からなんだか体が重くて、だるくて、元気が出ないような感じでした。

いくら寝ても、全然寝足りないぐらい。

それぐらい、朝からだる重って感じでした。

でも今は、毎日体が軽いです。

朝の通勤だって、階段をホイホイ登ることができます。

 

禁酒1習慣の効果2:気持ちが前向きになる

朝起きて「あー、昨日お酒を飲まなきゃよかった」なんてことを思うことがなくなったので、ネガティヴになる要素が減りました

朝には「お酒を飲まなきゃよかった」と思うんですけど、その日の夜になると飲みたくなる気持ちって、なんなんですかね?

でも、その「飲みたい」という気持ちを断ち切れることができれば、翌朝はかなりスッキリです!

体も軽いので、いろんなことをやってみようかと思うようになります。

そうすると、なにかやろうと決めた自分に対して、やらなかったことを後悔をすることがなくなりました。

これはすごくいいです!

 

禁酒1習慣の効果3:自分との約束が守れる

個人的にはこれが一番いい効果かなと思います。

体が軽くて気持ちが前向きになるので、「やらなきゃいけないことがあるけど、面倒だから明日にしよう」ということがなくなるんですね。

つまり、自分がやろうとしたことに対して、ちゃんと行動できるようになります。

自分との約束をちゃんと守れているということ。

 

他の人との約束は守れる方が多いですけど、「自分との約束を守る」って案外難しかったりしますよね。

例えば、毎週水曜はジムに行く!と決めていても、忙しいとか言い訳をして行かなかったりします。

でも、もし毎週水曜は友達とジムに行く!ってなったら、行く人は結構多いと思います。

それだけ、「自分との約束」を守るのは、なぜかできないんですよね。

 

でも、自分との約束を守ることは、とても大事です。

自分との約束を守ることで、自分の自信になり、さらになにかやってみよう!という好循環が生まれます

 

禁酒1習慣の効果4:晩御飯の選択肢が増える

お酒を飲まないってことは、晩御飯を外食する時に車で行ってもいいってことです。

お酒を飲む前提だと、外食は家から徒歩圏内か、タクシーで帰ることになります。

となると、選択肢は結構限られますよね。

タクシー代だってバカになりませんし。

 

昨日は車で焼肉に行きましたが、全然問題なかったです。


前なら、こんなのを見たらビール飲みたい!って反射的に思いました。

でも昨日は、ずーっと黒ウーロン茶を飲みながら、美味しくお肉をいただきました。

 

禁酒1習慣の効果5:晩御飯を美味しく食べることができる

お酒を飲む時、その主役はお酒でした。

つまり、おかずやご飯は、お酒を美味しく飲むためのつまみです。

自然と、塩辛いものだったり脂っこいものを食べてしまいます。

すると、お酒がなかったとしても、不健康な食事ですよね。

 

つまり、晩御飯が脇役だった訳です。

でも今は、晩御飯がちゃんと主役。

晩御飯を、ちゃんと味わって食べるようになりました。

ご飯って美味しいんですね。笑

 

禁酒1習慣の効果6:早起きが苦じゃない

私は早起きして、朝にいろんな仕事を片付けます。

だいたい5時前には起きてます。


お酒を飲んでいた時は、早起きできたりできなかったりと、日によってムラがありました。

でも今は、ちゃんと早起きして、ランニングして、シャワー浴びて、仕事してます。

僕にとって、朝の時間は超重要です。

朝の時間を有効活用できたかどうかで、その後の1日が決まります。

始まり良ければ、全て良し!です。

 

「自分との約束を守る」にもつながりますが、自分が決めたことをやり続けることで、自分に対してとても自信がつくようになります。

 

禁酒1習慣の効果7:新しい習慣を取り入れられる

お酒をやめることによって、気持ちが前向きになって、ちゃんと行動できて、それが自分の自信になってきます。

そうなると、新しい習慣を取り入れる余地が出てきました。

 

前までは、何かを習慣にすることが難しい、って思っていたんですよね。

だって、僕の自由時間は朝しかありません。

お酒を飲むと、日によっては朝に起きれなくて、何もできないことが多々ありました。

だから、習慣化が難しかったんです。

 

でも今は、必ず早起きできるので、習慣化が簡単になりました。

お酒をやめてから習慣として取り入れたことが3つあります。

それは、「朝のランニング」「ブログ」「ずぼらヨガ」です。

お酒をやめて習慣化できるメリットを考えると、もうお酒は普段から飲むことはないかな、と思えるようにまでなりましたね。

 

 

スポンサーリンク

禁酒を1週間続けた時のデメリット

じゃあ1週間禁酒をしてみて、デメリットは何があったかを振り返ります。

巷では、頭痛の禁断症状があったり、お酒を飲まないことでストレスになって体重が増えてしまったり、というのがあるみたいですね。

私の場合はどうだったのか。

 

禁酒を1週間続けることでのデメリットは、今の所なにもない!

本当に何もないですね。

別にお酒を我慢しているわけではないので、イライラすることもないですし。

 

でもデメリットじゃないですけど、今後の課題は1個あるかなと思います。

それは、飲み会でもお酒を飲まずに過ごせるか、ということ。

1人で飲むことはなくなりましたが、みんながいるところでも雰囲気に飲まれずに、烏龍茶でいられるか。

これはまだ未体験ゾーンです。

 

体重の変化は?

体重に関しては、とくに変化ありませんでした。

飲みたい気持ちを我慢して禁酒をしていたら、もしかしたらストレスで爆食いをしていたかもしれませんね。

そうなったら体重は増えそうです。

でも前述の通り、ストレスが全くない状態で禁酒をできているので、爆食いで体重増加、というのはありません。

 

頭痛などの禁断症状は?

禁酒したら頭痛が出てくる方も、中にはいらっしゃるみたいです。

ですが、私は全く頭痛を感じませんでした。

頭痛が出てくるかどうかは、もしかしたら個人差があるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

禁酒によって、7つのメリットを得ました。

これは、私の今後の人生でとても大きな財産になるかと思います。

この7つのメリット、まとめておきますね。

  1. とにかく体が軽い
  2. 気持ちが前向きになる
  3. 自分との約束が守れる
  4. 晩御飯の選択肢が増える
  5. 晩御飯を美味しく食べることができる
  6. 早起きが苦じゃない
  7. 新しい習慣を取り入れることができる

禁酒をしたいと思っているあなたの、何かしら助けになれば幸いです!

 

ABOUT ME
よしだ
映画・漫画・音楽・スポーツ観戦が好き。 日常の気になることをお伝えしています。 女の子二人のパパで、脱サラ目指して爆進中!