ライフハック

お酒を飲み過ぎた当日のうちに対処できることは?翌日の負担を軽減する方法

年末の忘年会シーズン。

師走の忙しさの中、十分な食事がとれないまま飲み会に参加したり、お酒を飲み過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。

仕事が忙しく疲れている時ほどアルコールの負担も重くなりがちです。

飲み過ぎたかもと、飲んでから後悔することもあるかもわかりません。

せめて当日飲み終わった後に対処することはできないのでしょうか?

今回は飲み過ぎた当日のうちに対処できることをご紹介します。

お酒を飲み過ぎた後に対策するということ

はじめに、お酒を飲み終わった後に対策するということは、お酒を飲んでいる時から対策することに比べると効果が弱いです。

理由としては、アルコールが体内に入る時から対策していれば、アルコールが体に与える負担を軽減しながら飲むことができるからです。

事前に対策することにより、アルコールの吸収そのものを緩やかにしたり、アルコールの分解力を高め、二日酔いの原因となる物質を減らすことができます。

もし何も対策をしないままお酒を飲み過ぎてしまった場合は、既に体に負担がかかり、アルコール分解に必要な栄養などが不足した状態になっていますね。

そのような状態からでは、アルコール分解のパフォーマンスを向上させることが難しくなることに。。

もしそこからアルコールの分解力を高められたとしても、既に吸収されたアルコールによる負担が消える訳ではありません。

翌日に二日酔いを残さないという目的の場合、お酒を飲み過ぎた後に対策をするということは、既に手遅れの可能性も。

どちらかと言えば体の回復と、翌日の負担軽減対策が優先になってくるでしょう。

その上で、できるだけアルコールの分解力を高めていくことが大切です。

 

お酒を飲み過ぎた後に摂取すると良いもの

お酒を飲み過ぎてしまったという場合、次のようなものを摂取することで負担の軽減が見込めます。

水分

お酒を飲む時には水をたくさん飲んだ方が良いとよく言われますが、それには二つの理由があります。

一つは、アルコールの利尿作用によって失われがちな体内の水分を補うためです。

もう一つは、アルコールの分解そのものに水分が必要だからです。

つまり水分が足りない状態でお酒を飲むと、体への悪循環が続きます。

当然ながら、お酒は水分としてカウントできません。

飲み過ぎてしまった場合は、体が脱水状態にある可能性が高く、そのまま放置しておくとアルコールの分解が遅れるばかりか、体調の悪化を引き起こします。

十分な水を飲んで、水分を補給しましょう。

また、アルコール分解によって体内の水分の他に、糖分やミネラルも不足してきます。

スポーツドリンクであれば、水分と同時に糖分、ミネラルの速やかな補給に役立ちます。

またトマトジュースであれば水分と同時に、ビタミンやミネラルの補給に役立つほか、含まれるリコピンがアセトアルデヒドの作用を抑制し、体の負担軽減につながるでしょう。

卵は栄養が豊富に含まれていますが、特にアルコール分解においても有用なものが豊富です。

その中でもシステインは、アルコール摂取によって生じる頭痛の軽減に役立ち、頭痛対策としても有効でしょう。

また、卵はいろいろな食べ方ができる食品ですが、それによって吸収速度が変わります。

生卵や目玉焼きよりも、半熟卵の方が吸収速度が早いと言われています。

おすすめは半熟のポーチドエッグです。

栄養満点の卵で、速やかに栄養を取り戻しましょう。

バナナ

アルコールの分解によって、体内は糖分が不足した状態になりやすくなります。

糖分を補給するためには、ご飯やうどんなども有効ですが、飲み過ぎた後ではそのような食欲がない場合が多いかと思います。

バナナであれば食べやすい上に、糖分とカリウムの補給に役立ちます。

消化しやすく、おなかにも優しいです。

胃薬

アルコールが胃腸に与える負担は大きいです。

空腹からお酒を飲んでしまった場合などは特にそうでしょう。

胃が荒れている場合は胃薬・胃腸薬に頼りましょう。

お酒を飲み過ぎた日にしてはだめなこと

逆に、お酒を飲み過ぎた日にしてはいけないこともあります。

次のようなことは控えましょう。

 

カフェインの摂取

コーヒーなど、カフェインの摂取は利尿作用が働き水分が奪われやすくなります。

お酒を飲み過ぎて体内に水分が少なくなっている状態では、とにかく水分を補給することが大切です。

お酒を飲み過ぎたタイミングでは控えた方がいいでしょう。

ただ、カフェインには血管収縮作用があり、それによって二日酔いの気持ち悪さを軽減してくれることもあります。

もし水分をちゃんと摂取できるのであれば、少量のコーヒーは効果的な可能性があります。

>>二日酔いにコーヒーは効果ある?

 

汗をかくこと

お酒を飲み過ぎた状態で運動をする人は少ないと思いますが、汗をかくようなことは控えましょう。

サウナも同様です。

飲み過ぎた状態では体が水分を必要としています。

水分が足りなくなってしまいますので、水分補給に努めましょう。

 

まとめ

年末は特にお酒の場も多く、にぎやかな場面で飲み過ぎてしまうことも多いです。

飲み会当日お酒を飲む前から、お酒を飲んでいる時、そして飲み過ぎた後。

二日酔いを防ぐため、翌日の負担を軽減するためなど、それぞれのタイミングごとに合った対処法があります。

飲む前から対策できれば一番ですが、当日飲み過ぎた後でも、できる限りの対処をすることで翌日の状態は変わってくるでしょう。

>>二日酔いしない飲み方は?

>>二日酔いする人としない人の違いとは?

禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓