ライフハック

ウコンを取りすぎるとどうなる?過剰摂取のリスクや1日の目安量は?

今はよくCMもやっていたので耳馴染みがあり認知度が高くなった「ウコン」。

一昔前まではそれほどメジャーな物では無く「ウコンって何?」という存在だったのではないでしょうか?

そんな「ウコン」ですが、検索してみると取りすぎたら肝機能障害など不穏な言葉を目にすることもしばしば・・・。

そこで今回は

  • ウコンの取りすぎはダメって本当?
  • 摂取してもいい量はどのぐらい?
  • 肝機能が弱い人は取りすぎないほうがいい?

こちらについてお話しさせていただきたいと思います!

 

ウコンはどういった働きをするの?

ウコンの取りすぎはダメなのか?

気になりますよね。

ウコンを飲む時、大抵は「今日は飲むぞ!」という日に二日酔い対策で飲む方が多いと思います。

 

まずアセトアルデヒドが、頭痛や吐き気など二日酔いの原因。

アセトアルデヒドを分解する酵素の力が、体質によって大きく異なります。

その人の持つ酵素の力以上のアルコールを摂取すると、分解しきれなかったアセトアルデヒドが体内に残って、吐き気や頭痛を引き起こす原因になってしまう。

ウコンを飲めばクルクミンの作用によって肝機能が活性化して、アセトアルデヒドが残りにくくなります。

ですが・・・ウコンに含まれるクルクミンが肝臓の機能を強化し、働きを促進するのでウコンを飲みすぎると、肝臓にかかる負担が大きくなって、結果的に肝臓の機能低下を招いてしまう恐れが…

 

 

摂取してもいい量はどのぐらい?

ウコンの適正な摂取量は一日3~5g程度になり、小さじ3/4杯くらいが目安になります。

沢山摂取したからと言って健康になるものでもないですね。

逆に過剰摂取の方が問題になってくることも。

 

ウコンを取りすぎるとどうなる?

体調に問題もなくて、特に薬を服用していない健康な人でも、ウコンの過剰摂取で副作用は起こりえます。

ウコンの副作用は主に鉄過剰症の症状で、急性の症状は嘔吐、下痢、腹痛等です。

 

慢性的に過剰摂取していると、血鉄症や蓄積された鉄分によって、肝障害や心不全などを引き起こしてしまうリスクがあるようです。

 

肝機能が弱い人は取りすぎないほうがいい?

先にお話ししたとおり、健康な方でも慢性的にウコンを過剰摂取してしまうと蓄積された鉄分によって、肝障害や心不全などを引き起こしてしまうリスクがあるかもしれないと言う事をお話しさせてもらいました。

やはり肝機能の数値に関係しているという方もいらっしゃるようですね。

 

肝機能が低下している人は何故やめた方がいいの?

ウコンには鉄分が多く含まれてい、肝臓が弱っている人の場合、摂取した鉄分が肝臓に溜まり排出できず鉄分が過剰状態になってしまうのです

過剰になってしまうと、肝硬変などになる危険性が。

特に肝臓障害、たとえばC型肝炎や、非アルコール性脂肪性肝炎にかかっている方は、摂取を控える方がいいでしょう。

「肝臓の数値が悪いなぁ」と自己判断でウコンを飲み続けていると、知らないうちに肝障害がより悪化する危険もあります。

まずは自己判断せず、お医者さんに相談して正しい診断を受けるのが1番ですね。

 

ウコン摂取量・肝機能障害まとめ

こう考えてみると、ウコンは体に良い作用があるにしても、摂取の仕方が難しいなと感じてしまいますよね。

特に肝臓は体の他の部分と比べてみると、痛み等の症状が現れにくいため「沈黙の臓器」と呼ばれています

健康診断で初めて肝機能の低下を指摘される場合が多いのはそのため。

初期の段階では自覚症状が出ないので、悪くなってから黄疸や体のダルさ、食欲不振などの症状が出ます。

このような症状が出たときは相当悪化している可能性が大きい。

なので「ウコン飲んどけば大丈夫かな?」などと自己判断はせず、肝臓の数値が気になった方は「お医者さんに判断を仰ぎましょう!」 

>>ウコンを飲むベストはタイミングは?

>>ヘパリーゼの効果的な飲み方!

>>二日酔い予防のために飲む前や飲んだ後にできること!

禁酒が辛い…でも二日酔いはしたくない…

  • 禁酒が辛い…
  • どうしてもお酒が飲みたい…
  • でも二日酔いはしたくない…
  • 二日酔いの罪悪感を二度と味わいたくない…

 

この悩み、私がかつて持っていたものでした。

明日は朝から爽やかに活動したいけど、どうしてもお酒が飲みたい。。

そんな時、ある方法に出会ったんです。

お酒を飲んでも酔わなくなり、顔も赤くなくなり、二日酔いにもならない方法。

これを見た、あなたにだけ特別に教えます。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓

 

  • ウコンが効かない…
  • ヘパリーゼも効かない…
  • しじみの味噌汁だって効かない…

 

そんなあなたに、私が実際に効果があった方法をお教えします。

 

↓禁酒を我慢せずにお酒と付き合う方法↓